転職失敗と転職成功の10個の理由とは?

転職失敗の理由

  • 会社の肩書に固執
  • 会社の規模や知名度にこだわる
  • 高収入につられる
  • 会社の情報を調べないで転職決定
  • 社会的信用だけを重視した
  • 福利厚生制度にひかれた
  • 好待遇の甘い言葉に乗った
  • 就業条件の違い
  • 面接担当者の本音が見抜けなかった
  • 転職先の妥協
  • 退職してから転職活動したので余裕がなかった
  • 預金が底をついたのでとにかく就職した
  • 就職後に目につく求人がよく見え再転職
  • 企業イメージだけで転職した
  • 社風やカルチャ企業文化が合わない
  • 資格取得にこだわり過ぎた
  • 人間関係で退職する繰り返し
  • 上司との相性が悪い
  • 同僚とも馴染めない
  • 過去の栄華に没頭している
  • 柔軟性がない
  • 即戦力に程遠いスキル
  • 転職で必要な切り替えができていない
  • 職場自体の問題存在
  • ポジションの違い

転職成功10個の秘訣コツとは?

  1. 転職内定承諾後に辞表提出
  2. 仕事の中身を重視した
  3. 企業内部情報を徹底調査した
  4. やりたい仕事である
  5. キャリアアップが目的
  6. 高収入の転職
  7. 本気の転職
  8. 企業に貢献できる即戦力スキル
  9. 本音と建て前を使い分ける
  10. 転職エージェント複数登録

退職理由のポイントは?

退職理由の建前は?

    仕事内容 待遇 人間関係 収入など人それぞれですが・・・
  1. キャリアアップしたい
  2. やりたい仕事ではない
  3. 労務環境や労働環境
  4. 会社の経営方針の変化
  5. 収入が低い

退職理由の本音は?

  1. 上司・社長への不満
  2. 労務環境や職場環境への不満
  3. 同僚・後輩・先輩との人間関係
  4. 収入が低い
  5. 仕事内容に興味が持てない
  6. 数値責任が厳しい

仕事内容 待遇 人間関係 収入

転職と能力

転職するには能力キャリアあれば成功の可能性は高いと言えます
それでも
毎日の会社生活で、仕事に興味が持てない
もっといい会社に転職したい!
次のボーナス入ったらやめようとか?
誰しも思うことです
普通は転職しても問題解決に結び付かないと考え
何時しか現職に没頭してしまうものです

こんな会社や舐めよう!と
突然思い込み実行に移す具体的手段に踏み切ることがあります

ふっと思いつき
エイヤッて突然やめてしまう

もちろん家族との相談もなし

一番悪いパターンですね・・・

実際に思いつきで辞めてしまう会社員は意外に多いのです

気分的にはこの上なく爽快ですが・・・
何の準備もないだけに一番悲惨な結末になりうるパターンです

なぜこのパターンは転職失敗に結びつくのか?

答えは本人の責任であるのはともかくとして

応募企業の面接担当者の優れた嗅覚で
思いつき転職を直感的に感じ取られるからです

もちろんキャリヤ実績と役立つスキルが伴っていれば
大いに有利ですが

それ以上に腰軽の烙印は大きなマイナス評価になります

この応募者は本気で当社に貢献する意欲があるのだろうか?

少なくとも疑問視されることは確かでしょう!

それに輪をかけて応募者である求職者は
転職活動で最低準備すべき
面談の為のロジック準備はおろか

自分を見つめなおす自己棚卸も不十分なため
具体的な転職への筋の通ったポリシーが構築されておらず

面談でアピールすべき具体的な業務実績事例や
入社後に貢献できる具体的なスキル内容の説明も不十分で

こういうケースに限って
頑張ります的な
抽象的な言葉の羅列が連発されがちになります

求人企業の採用担当者に響くものがなければ
採用は難しい結果となります

日本では終身雇用制が崩壊しつつあるとはいえ
米国のようにスキルアップや高収入を目指すビジネスマンが
賞賛される企業風土は育っていません

ヘッドハンティングされるレベルのスキルの持ち主意外は
十分な準備を転職活動で行い
自分の見直しで
方向性を定め
転職先企業の業種や職種と一致するスキルや経験が
具体的に認められるレベルのロジック構成が
完成するまで退職すべきではないのです

転職エージェント利用なら転職失敗しない?

転職エージェントの専任キャリアアドバイザーは、

良い人間関係を築ける転職活動においての最良の理解者でもあるのです

自己よがりで決断するより

プロの視点からの判断ポイントは貴重な判断基準となります

内定承諾時期には、キャリアアドバイサーは良きパートナーになっています

自分ではわからない他人の目としてのアドバイスが

単純な思い込みや企業風土との相性違いなど

明確にしてくれます

転職してから取り返しのつかない思い違いやミスマッチングを

事前に阻止する仕組みが

キャリアアドバイザー制度に期待されるところです

但し、転職失敗を事前にく言いとめる明確なハットトリックなどは存在しません!

自分の進むべき方向を見定め

最善の方向決定をできる判断材料の情報収集を怠らないことです

少なくとも転職先の企業風土や文化の情報は

キャリアアドバイザーから入手しておくべきです

もちろん労働条件や収入

職場環境など

転職エージェント会社が紹介する求人企業とは

取引実績があるのですから・・・

登録すべき大手転職エージェント

転職市場占有率が高い大手の転職エージェント4社(斡旋モデル1.~4.)+転職サイト1社(公募モデル5.)

  1. リクルートエージェント 
  2. DODA
  3. パソナキャリア
  4. JAC Recruitment
  5. リクナビNEXT

転職失敗しない転職先の探し方

転職失敗しない効率のよいIT系企業の転職先の探し方とは?

転職前の本業がIT系で、
知人からの紹介や人脈を利用した転職ではないことを前提とさせていただきます。

IT系企業からIT系企業への転職の場合、
採用過程で重要視されるのは「技術者として前職で身につけたスキル」についてです。

これは採用側にとって気になるチェック項目となるだけではなく、
志望側にとっても抜け目なく先方に伝える必要のある要点になります。

どういうことかというと、
採用面接の過程においては志望動機や転職理由など、
転職活動に関連する概要の説明は仮に転職に成功したとして、
新しい職場での仕事ぶりには大きな影響はありません。

しかしこれまでに何をやってきたのか、
具体的にどんなことが出来るのかといった点について、
全て言葉で説明するのは限界があります。

下手をするとせっかく転職に成功した職場でいきなり未経験の仕事を任されてしまい、
途端に評価査定に引っかかるミスを冒すリスクにさらされてしまうことだってあるのです。

私も以前IT系からIT系の企業に転職した経験があるのですが、
その経験から言わせていただくと、
重要なのは希望先の企業の情報をどれだけ集められるか、
そして自らに関する経歴と能力について相手先に正確な情報を伝える機会を一度でも多く作ることです。

その点で大手の転職求人サイトなどは、
少し心もとないとも言えます
ただ大手の情報力と紹介状の威力をどう捉えるか❓ですね

なぜなら、彼らは多くの求人情報を抱えている変わりに、
大量にいるサイト登録者一人一人に対するサポートが
どうしても手薄になってしまっていると心配する向きもあります

ですから仮に希望する転職先を自分で見つけられたとしても、
そこからさきはほぼ「個人戦」の様相を呈してきます。
しかし敏腕キャリアコンサルが担当ならそんなこともなかったのですが・・・

一方で不安な方におすすめなのは、
個人あるいは少人数で事業を展開しているような小規模の転職支援企業です。
確かに、手持ちの案件数だけで大手と比較してしまうと見劣りしてしますが、
彼らは求人を出している企業の担当者と密につながっており、
例えば面接で上手く伝えることができなかったような情報を裏で補足的に伝えておいてくれたりするのです。

もちろん全ての面において有利であるとは断言できませんが、
あくまで個人的な感想としては小規模な転職支援企業のほうが、
結果として有利な働きかけをしてくれたという印象がありました。
サイトに頼りすぎたため大失敗。
そこから学びました

転職失敗の結果、散々な目に

転職失敗の結果、散々な目にあってしまいました。
転職はお給料や休みの日数、
福利厚生がいいところと思い、
応募していました。

今は、求人サイトがとっても充実していますし、
ハローワークも以前のイメージとかわり、暗い雰囲気がなくなりました。

たくさんの求人が一度に見られるので私はかえって何がなんだか、
求人が多すぎでわからなくなってしまいました。

最初の転職はお給料や休みの日数、
福利厚生がいいところと思い、
応募していました。

結果、散々な目にあって転職大失敗してしまいました。

最初に転職した会社はアンティークショップ経営でしたが、
古着屋さんで防虫剤の匂いでいっぱいでした。

お店の広さのわりにスタッフの人数が多く、
不思議に思っていましたが、
ほとんどの人が入社して3か月未満。

びっくりしていると、
あまりにもスタッフの入れ替わりが多いのでもともとやめるのを見越して多めに採用していると、
」マネージャーの口からきいたときは腰がぬけそうになりました。

当然、教育制度もきちんとしていないので、
人数が多いばかりでだれもシステムがわかりません。

マネージャーからは売上に関して容赦ない叱咤が飛ぶ日を初日に経験し、
2日目には「こりや、だめだ」と思い、
採用を取り消してもらいました。

一概には言えないと思いますが、
小さくて会社創立がまだ3年ほどだったのでいけなかったのか?と思い、
今度は百貨店やショッピングセンターに入っている
中堅どころの雑貨を取り扱う会社に入社しました。

私は路面店で研修することになりましたが、
大きいショップなのに店長とサブのふたりだけ。

サブはシングルマザーで店長の嫌味にひたすら耐え、
その店長は裏でタバコを吸い、漫画をよんでいました。
なんなんだ、ここは!と思い、あわてて本社に電話して現状をつたえました。

聞くところによると、
つい、2か月前までは販売は販売専門の会社に委託していたとのことでした。

それを、自分たちの会社で作ったものは自分たちで売ろう!となり、
委託をやめて自社で販売員をやとうことになったそうですが、
今、働いている人たちは元は委託会社の派遣社員さんで、
そのまま移社してもらったとのことでした。

だから、管理が行き届かないんだといわれました。
本当、サイト上だとわからないことが多いと実感しました。

その後、会社の探し方を変えました。
まず、自分が働きやすい百貨店やショッピングセンターで派遣の求人が出ていないか探します。

ある程度、自分の条件にあったところがあれば応募。

そして、その派遣先でみんなが嫌がりそうな事を進んでやるようにしました。
百貨店の社員さんや他のテナントの方とも仲良くなるように努力し、
情報交換しました。

そして、いずれ、正社員で勤めたいと
自分が派遣されている会社にも周りの社員さんにもオープンにしておきました。

そうすると、口コミで転職のお誘いがくるようになったんです。
実際にご自身がその会社で働いていらっしゃるのでいいことも悪いこともちゃんと話をしてくれた上でのお話なので、
自分でも判断できますし、
営業さんの雰囲気や業績がいいか、悪いか。

スタッフが長く勤めているか、
働きやすいか等、
ある程度、見ていてわかりました。

そうして、今の会社に転職することができました。

給料は自分が考えていた分より若干低いですが、
休みがきちんと取れて、残業がつきます。

先輩後輩の区別はなんとなくありますが、
とてもフランクでみんなで食事をしたり、
営業さんを交えて情報交換したりしています。

給料がよく、福利厚生が良くても結局ストレスで衝動買いしてしまったり、
忙しいので自炊できずに食費がかさんだりしましたので、
今のほうがちゃんと貯金してきちんとした生活ができています。