転職失敗しない50代の転職活動は危険?
50代 転職失敗

50代のベストな転職の探し方とは

仕事を変える50代が、
すぐに思い浮かぶハローワーク。
昔から変わらない転職先の探し方だと思います。

特に今では、
昔のように1つの企業に定年まで仕事を続けていくという人が
減ってきています。

アメリカのように転職もキャリアアップの1つと言ったような価値観が
段々と生まれてきているのでしょう。

それでも、
自分の望む希望に合った仕事に就く為には、
それなりの努力と粘りが必要な場合もあるでしょう。

しかし、インターネットが発達している昨今では、
転職探しの転職専門サイトがたくさん存在しています

自分の希望するジャンルの職種を探すには、
うってつけの方法だと思います。

しかも、
就きたい会社自体の評価を掲載しているエージェントも少なくありません。

社員の率直な意見。
生々しい評価。
そんな情報さえ入手できることもあるのです。

但し、
本当の企業情報や活きた実態情報は、
実際に自分で得ることが
客観的な判断に結びつくと思います。

もし、転職先が
今まで、勤めてきた会社と近い業種なのであれば、
取引先や代理店といったルートを使い、
真実の企業情報を手にすることも必要に
なると思います。

一方で、
転職の探し方で一番、
苦労する年代があります。
それは、
定年前の50代後半の人々です。

転職は若ければ若い程、
道が開けてくるものですが、
この年代の転職探しは、
若い人と比べてかなり厳しいのが一般的です。

職種を選ばなければ、
それなりに仕事はあるものですが、
自分の積んできたキャリアを活かそうとした場合、
道が狭くなってしまう傾向にあります。

その場合は、
過去に培ってきた人脈を活かしながら、
転職先を探すのことが現実的かもしれません。

ある種のコネと言っても過言ではないのですが、
現役時代から
このようなことを意識して人脈作りをしていくことも重要だと言えます。

但し

知り合いやコネ頼りの転職は
条件の違いによる転職失敗があります

人に仕事を紹介する方は
良いことばかりしか言わないのが普通です

取引先の社長に誘われて転職した方も
過酷な労働条件なんて最初は言われないのご普通です

やはりキャリアアドバイザーから情報を入れた方が制度は高くなります

そして
50代の転職の難しさ
転職を決めて再就職までの期間が長いので
相当な覚悟が必要です

特に早期退職制度の誘惑に駆られて
あっけなく退職した方々・・・・

本来もらえるはずの年金掛け金が減る
給料が減る
福利厚生がない
税金は退職前の所得で遠慮なく請求される

本当に大切なことは

50代転職の判断基準は
転職により
生涯賃金がこれほど減少する試算に
納得してから転職するべきです

問題点

過去の実績にこだわるのは普通のことですが
面接担当者からみれば
過去の実績にしがみ付いているように見えませんか?

過去にこだわる、
この言葉の本当の意味は
この先
入社後の貢献度です

過去は企業にとっては
重要校重くではありません
重要な観察ポイントは
未来に向けた会社への貢献度と姿勢
モチベーション持続力なのです

与えた仕事を無難にこなすことで評価されるのは
今や公務員だけです
まじめにコツコツ
与えられた仕事を時間をかけても
問題なくこなせば評価が上がる社会です

50代の転職者に求められるのは
与えられた職務をこなすのは当たり前
その先の会社に貢献できる仕事の創造力なのです

過去のスキルの具体的成果が
入社後の貢献度にいかに寄与できるか?

そのための面談質問なのです

個人の考え方や趣味よりも
即戦力性
チームワーク力
貢献度
などがポイントになってきます

したがって貢献できるであろうスキルの
具体的ビジョンをアピールする必要があります

仕事への熱意
未来に向いた業績創造力
が求められています

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1