転職理由 表向き

転職理由本音と建て前は面接でどうする?

転職理由をダイレクトに面接でいってもいいのか?

志望動機 建て前 を通すのが正解!

 

志望動機の本音は間違いなく高収入転職が裏にある

転職理由に人間関係はトップクラスですが

背景には薄給にサービス残業に土日祝公休なし

でも転職理由にするのはタブー!

日本の会社組織の暗黙のマナー!

 

大したスキルがないのが大半だから

未経験高収入の転職が人気なのです

 

高収入が忍耐力を高めるのでしょうか?

それとも、

金もろくに貰ってねーんだからやってられないのが本音?

 

誰しも転職を考えることはあり

その理由も様々ですが・・・

まさか面接時に

直属の上司がムカつくから‥

なんて言えば

即採用却下ボタンを押されること間違いなし

 

だからみんなキャリアアップしたいと、

建前論をロジカルに説明する訳です

 

実際の転職者の最新の意向調査では

専門知識の習得や

技術などのスキルアップ

もっと幅広い知識と経験を積むことを求め

自分の市場価値をアップさせたい人の

比率は下がっています

 

逆に

  • 土日休みたい
  • 残業多すぎ
  • 休日出勤嫌だ
  • 給与収入に不満

の比率が上昇しています

 

トップには

  • やりたい仕事の為
  • 将来が不安な会社だから
  • 収入給与に不満

 

労務改善や自己待遇の改善を求めて

転職する比率が上昇しているのです

 

給料安い将来性も不安な仕事に見切りをつけ

もっとやりたい仕事をしたい、

という転職理由が浮かび上がります

 

給料高く将来性のある会社でやりたい仕事をしたい!

これが

転職の平均的な転職者像になります

 

こんな本音を転職面接でいえば

これも間違いなく✖になります

 

当社が採用したところで

  • 業績の陰りが少しでもあれば
  • 給与水準が思うほどに取れなかったら
  • もっとほかの仕事がしたいと言い出したら

採用を後悔するいことになるだろう、と考えるでしょう

 

仕事辞めたい転職と

スキルアップしたい転職は

全く別の転職理由です

 

20代 転職 成功 は若さの特権で将来性を買ってもらえるから

20代 なら転職エージェントも積極的に動きます

求人募集企業も、新卒の欠員補充や

採用後の貢献度が高い扱いやすい20代後半を積極的にターゲットにします

 

30代転職失敗の理由は

  • 即戦力性に欠けるから
  • リーダーシップがない
  • 仕事の具体的な成果がない
  • 採用ポジションに貢献できるスキルが認められない
  • 人間性に問題がある
  • 頭がすでに退化している

挙げればきりがないほど理由は付けられまが・・・

 

不採用という転職失敗の理由は

募集人材像とのミスマッチです

 

空白のポストを埋められる能力不足

つまり相性が悪かったのです

ですから不採用は必ずしもスキル不足ではありません

求められているポストで業績を出せるかどうかの問題なのです

 

ここに転職エージェントを利用する最大の理由があるのです

人材募集企業と応募者との適性をマッチングさせること

ココがキャリアアドバイザーの真骨頂なのです

 

企業のネームバリューと高収入だけで

求人募集に応募しても

募集する背景を知り

求められているスキルが持ち合わせているか?

最低限それくらいの調査はしておくべきです

 

キャリアアドバイザーの人数の多さ

質のハイレベルなエージェントは

リクルートエージェント が転職業界では

No.1の転職エージェントです