会社を辞めたいと思う理由は?

転職のきっかけは何?

転職理由の本音は?

転職を考える根本的な理由

収入の不満
会社の将来が不安
会社の風土や文化・考え方が合わない
仕事内容に不満がある
人間関係

以上がベスト5と言える退職理由です
転職面接では言わない本音理由の根本は給与が低いから・・・
会社の将来性が不安というのも収入に不安があると置き換えら実質は同じこと

転職理由のアンケートなどでも
転職理由の50%以上は収入面の不満が上がっていますが
収入が下がってもいいとも思っている人は10%程度

実際に転職するとなると
収入は最低限もらえるにしても
仕事ができるのだろうかという不安が先に立ちます

スキルが発揮できるか?
即戦力になれるか?

キャリアの棚卸しが叫ばれる今日!
勤務経験のない転職先で自分の過去のキャリアが通用するのか?
大きな不安が出現するものです

年齢と年相応のスキルが評価されるかどうかの不安です

逆に言えば
スキルが通用しない不安が
転職に踏み切れない理由の要因です

収入とスキルのバランスの問題です

壊れると転職の芽が吹き出るわけです

転職の不安

不安のない転職はありません
自信100%は問題児です

転職活動で不安になるポイントは
経験スキルの評価の問題と
仕事に対する適正の問題があります

本当に自分のやりたいことはなに?
という事になります

誰でも新卒で入社後配属された
最初の職場がスタートで
その後の移動により各種スキルと経験実務が
蓄積された経緯があります

転職時に必要な職務経歴書と自己PRの作成には
自身の棚卸しが欠かせません

その中身は実務経験実績とスキルの積み上げです

転職時の方向性は、同業界・同職種への横滑りが
転職失敗しない成功の原則とされます

ビジネスマンである限り
自分のやりたい仕事
自分の適性で仕事を選択できる余地は
本質的に皆無と言っても過言ではありません

このジレンマを断ち切るのが
転職へのチャレンジであり
生きがいを見つける可能性を秘めているのです

異業種・未経験職種への転職は
20代後半までが最適年齢です

転職理由のまとめ

今の仕事以外にやりたいことがある
勤務している会社の将来が不安
収入面で不満・給与が低い
残業の多さ
休日が取れない
専門性のある技術やスキルを習得したい
Uターン、Iターン・Jターンの理由
幅広い知識が身につかない
雇用形態を変えたい
自分の市場価値をもっと上げたい
土日祝日が休めない
会社の業界の未来がない
自分の評価が適切でない
不規則なシフトが嫌だ
規則的な出退勤ができない
倒産の為
リストラされた理由
労働契約満了による
職位の上昇や昇進がない
家庭環境の都合による
上司や部下との人間関係の問題
数値責任とノルマがキツイ
顧客の為にならない仕事に嫌気
閉鎖的な経営方針
女性が働きやすい環境でない
意見が言いにくい風通しの悪い体質
上司が誰も尊敬できない
人と接しない仕事
病気とケガ
肉体的にキツイ仕事
指示されるばかりで裁量権がない
社員を育てる文化がない
個人的成果は評価されない
決められたルーチンワークが嫌
社内の雰囲気が悪い
離職率が高い会社である
企業コンプライアンスを守らない
チームワークの仕事がない
派遣社員が多すぎ
成果主義がない
マネジメントが身につかない
変革のスピードに追い付かない

転職成功は
転職者募集企業が求める転職者像と
転職応募者の希望する転職者像とが一致する必要があります

企業が中途採用をする理由は
業績好調につき業務拡大
新部門や組織再編で必要なポストが発生
欠員補充の為
など人材採用する理由と背景があります

応募者がしたい仕事と
募集事情の背景がミスマッチしないように
会社の内部情報までしっかり把握しないと転職失敗は起こりうるのです

転職先の企業内部情報の詳細をシッカリ伝えてくれる
転職エージェントを選ぶ必要があります

転職エージェント一番のおすすめは
業界No.1のリクルートエージェント になります