転職で人間関係を語らないことはありません

離職理由の最大の原因は人間関係にあります

人間関係は良好だけれど

年収が低いので転職する人よりも

人間関係の悪化による転職が

多い事実があります

上司 部下から同僚まで

人間関係の難しさを物語っています

しかしながら
人間関係に対する不満の大部分は
自分の手の届く範囲での不満なのです

退会者全体像との話ではありません

狭い範囲での仕事に明け暮れるストレスが

人間関係への不満につながっていないか?

十分に考える必要があります

半径1mにも及ばない人現関係の不満不平なら
人事異動のチャンスをうかがう方が先決でしょう

まずは石橋をたたいて渡る
それから飛躍しましょう!

つまり人間関係の不満の原因を分析して
結果ダメなら見切りをつける

毎日、四六時中スマートフォンで
ごく親しい人に限った人間関係に
ハマっていませんか?

本来もっと親近感を抱いているはずの上下関係が
硬直化しているのです

コミュニケーションが足りないのです

口頭での会話に努めてください!

苦手な人との接点を探さなくてはいけません

人間関係の悪い人との接点は
少ないはずです

転職先企業の雰囲気

キャリアアドバイザーに社内の雰囲気まで尋ねましょう

内定承諾までに情報は必ず取ることです

今の会社と
転職先の会社とのギャップか必ず存在します

何処が決定的に違うのか?

あらかじめ情報から判断できれば
気持ちの準備ができます

いかなる人間関係も
好転する最大の理由は
仕事の成果です
与えられた仕事の結果を出せば
コミュニケーション接点も
飛躍で気に広がるものです

まずは与えられた仕事の結果を出し
それから改善策や自分の意見を伝えることです

上司に対しては
特に
報告や連絡と相談をする必要があります

前職の会社ルールが常識ではなく

現会社の社風や企業文化が常識なのです

文化の違いをコンコンと説明しても
疎まれるだけです

まず与えられた仕事の実績を積みましょう

自然とコミュニケーション網が構築されるはずです

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1

人間関係が退職理由で多い

残業や公休出勤、毎日の仕事が忙しい
そこに人間関係の悪さが加速されて退職したい
こんな会社辞めたいと不満がでる

上司との接点不足もあり
引き留める人間関係すらはぐくまれていない現実

悪循環ですが
仕事への不満を転職理由から削除しないと
いくら職務履歴書や面接に頑張っても
転職は失敗します

企業の管理職は
人に仕事をさせるのが仕事です

経営者は戦術を立案し
管理職はその戦略を実行する指揮官です

優良な企業ほど
数値責任を高く設定してきます

戦力実行部隊である中間管理職が
如何にうまく毎日の設定目標を消化できるか?

手段は全ての社員の志をうまくコントロールするしかありません

上司がうまく部下に仕事をさせる人間関係の構築が作業効率の要と考えているのか?

やたらめったらと部下を罵倒して
高圧的な態度で仕事をさせるタイプなのか?

こういった人格や理念の違いは
管理職の人の数だけ存在します

転職理由を
人使いの荒さ
高圧的な態度
上から目線
人の気持ち理解しない
無理難題を押し付けてくる

公休が取れない
残業が多い
定時に帰れない

このような転職理由の転職者を受け入れる採用担当者は
いないでしょう
それどころか
この転職希望者は、採用しても
似たような転職理由でいずれ退職するだろう

採用担当者自身と同じ悩みが重複しているケースも多いはずだから
気持ちはわかるが
同じことは当社でもあてはまるから
採用不可と直感的に✖の回答となるのです

転職失敗しない解決策は?

    1. いかなる企業も達成目標があります
    1. 上司は業績を上げる義務があります
    1. 採用する企業は人材不足の理由で求人を求めているのです

上記の企業目標を達成させる人材を求めているのです
なんだかんだと言っても
数値目標達成の駒にい番近い転職者像を求めることになります

あなたが企業が求める人材にどれほど接近できるか?

会社にとって
社員の愚痴や不満は、企業存続を脅かさない範囲なら
社員業績の結果オーライ優先主義と言っても過言ではありません

転職理由の会社に対する不満を

  • 仕事を任せてもらえない
  • スキルが発揮できるチャンスがない
  • 志を実現したい

業績を上げられない不満を
業績を上げたい志に転嫁しないと
転職理由は通過しません

女性がエリート男性を射止める決定打は
あなたに尽くしたい!

転職者が採用担当者に訴えるコツは
こいつなら行ける
仕事をうまくこなし業績を上げる駒になるだろう

一重の思いやりは
企業への思いやりでもあるのです

企業と一体となり躍進できる人材以外は
必要なしと感じているかもしれませよ!

転職理由に
愚痴不満を並べ立てると
結果は間違いなくアウト!

だから
職務が変わっても
業種が変わっても

採用されるタイプは面接全て合格内定
採用されないタイプは面接全て内定不合格

キャリア以前の問題が
合否を決定づけているのです

企業は転職者に即戦力を求めていますが
その根底は即戦力になれる人材の資質を求めているのです!