転職理由 給与は転職の本音のベストセラーです
それでも転職理由は転職理由 給与が安いとは決して言えないので厄介です

転職理由 給与 面接でいってもいいのは転職理由 給与未払いのケースだけです

いずれにせよ転職理由 給与面での話は、ダイレクトにいうと採用は望めません
そこが会社優位の日本のジレンマであり企業文化の保守体質なのです

給与面だけで入社希望なら

もっといい給与の企業があればまた転職するの?

そう考えるのは他人から見たあなたの評価としては普通の評価なのです

 

だから

この会社の○○が素晴らしい

自分のもういう仕事がしたかった

経験を積んで磨き上げて来たスキルで具体的に御社に貢献で来ることを強調するべきです

 
とはいえ
給与・年収に不満がある人や不満以前の年収増を望まない人はいません!
それでも会社の懐を心配して給与アップを望まないとする素振りにも無理があります

実際の転職理由でも、収入増を望むので転職したい、と伝えれば
面接担当者は、自分のスキルと経験を自覚しないで要求だけする人、と判定されNG扱いになります

モットも年収アップの根拠を示し
それだけの経験と実績が評価されなかったことが立証されればいいのです

ところが素晴らしいスキルの具体的実例や成果の具体例を
いくらきれいに説明できても
所詮、転職者であるあなたは、反感を買うだけののです

そういう説明の仕方では、コミュニケーションが取りにくい人だ
大人の会話ができないのかもしれないと思われかねません

これが人間関係の難しさでしょう

それだけの実力があるのに
前職でどうして評価されなかったの?

この質問には、現実には答えるにしても
実際は、評価者に聞いてみないと答えようがない質問なのです

採用するほうが上
採用される側が下

この関係を壊すロジックに気が付かないと不採用になります

会社が人を雇い入れるときは、問題児が困るのです

  • 扱いにくいタイプ
  • 平気で人を批判する人
  • 自分のポジションを脅かす人
  • 少しの業績でも評価を求めるタイプ
  • 部下の業績を上司の業績に転嫁させない部下

こういった企業文化は転職前には表に出ません

面接時に企業文化や風土を直感的にかぎ分ける能力が求められます

年収アップに関しては
大人の会話を利用する
キャリアアップがしたい
会社への貢献に寄与して、収入アップに期待できるほど成果を上げたい
柔軟性と自己認知が要求されるのが収入アップへの言及であることを肝に銘じましょう!