大半の会社員は会社を辞めたい!
仕事辞めたい本音は言えないが

仕事辞めたい 原因は

  • ワンマン社長馴染めない 人間関係
  • 労働時間 サービス残業 残業多い
  • 評価されない

そう感じている調査が多数あります

本気で仕事辞めたい理由 転職ランキングに納得して
doda 転職理由探して転職エージェントに辞めたい方向で相談するか
仕事辞めたい理由をキャリアアップで
転職おすすめ企業を探すことになります

複数登録すべき転職エージェント

転職市場占有率上位から登録必須2~3社がおすすめ

転職エージェント同時期複数登録の転職成功率UP戦略がおすすめ!

No.1の転職エージェント

業界総合シェアNo.1
➡非公開求人情報137,000件は圧倒的に多く高収入転職に有利!
転職成功者は累計37万人越えの実績も20代~30代のキャリアアップ実現の最適期待値を語っています!
転職ノウハウやツールも多く、職務経歴書添削や面接アドバイスも充実
リクルートエージェント
転職エージェント業界No.2

求人業界のインテリジェンスが運営
求人案件数は圧倒的に多くキャリアコンサルが充実!初めての転職者にも安心な情報が満載で、
評判いい企業網羅!
➡評判いい優良企業多い!満足度NO1
DODA
サポート高品質の定番エージェント
人材派遣パソナの運営で求人企業との太いパイプも魅力!女性キャリアにも評判の良い使いやすいエージェントです
➡ サポート高品質の定番
パソナキャリア
ハイキャリア向き質の高いエージェント

質の高いハイキャリア案件に特化
30~40代以降の高収入キャリアアップならココ
➡売上実績3位のエージェント外資系強い
JAC Recruitment

いずれにせよ仕事辞める理由ランキングで公休未消化は転職理由の常連であり
医師 辞めたい理由でも  労働時間と激務はランキングに入っています

企業に入社して
仕事辞めたい1年目の転職
仕事辞めたい2年目の転職
仕事辞めたい3年目の転職

仕事辞めたい20代の転職理由は
間違いなく人間関係ノルマがノミネートされています

だから転職理由を上司との折り合い残業が多く数値責任がきつい
ワンマン社長 仕事辞めたい馴染めない

仕事辞めたい 労働時間も本音の理由です

仕事辞めたい 理由の本音は、

馴染めない 評価されない  サービス残業 残業多い
と言えば、採用担当者は当社も似たようなもの
離職するのは時間の問題かな?
と思いを走らせペン先は✖と何気に記載しているはずです

一般の会社員は
仕事辞めたいと思っても
一過性のもので本気で退職を考えていません

仕事辞めたい
早く転職してキャリアアップしたい
と、本気で今の会社に見切りをつけたいと思うなら

求人採用企業の担当者が

転職理由 キャリアアップに関して
納得する転職理由を考える必要があります

現実的に転職理由は
収入
人間関係
キャリアアップ
労務環境
評価
地域制
に含まれるので
如何にうまくロジックを構築できるか?

つまり転職理由に

  • 人間関係は必ずある
  • うまく切り抜けられない社員はダメだ!
  • 自分も悩んでいるのだから、

と採用担当者も分っているのです

ロジックと意欲で弱点をカバーする
それができないと当社でも務まらない

人間関係に悩んでいても
うまくスルーしておきましょう

それ以上に重要なポイントは
スキルを活かした前向きな仕事への取り組み姿勢なのです

求められている求人像にいかに接近できるか?

企業の要求に応じましょう

決して企業側に変化を求めないことです

だから仕事辞めたいとは、冗談でも言わない
退職のタの字も口に出さないのが
日本の会社、つまり企業文化なのです・・・

本音と建前の典型的なサラリーマン社会だから
仕方のないですね・・・

でも本気で転職を成功させるなら
口に出す必要はありませんが
勤務しながら転職活動をヒミツで実行する必要があります

仕事辞めたいと言えない理由は
会社に相談しても評価が下がっても
上がることはないからです

配置換え、所属部署の移動願いは別問題です

仕事辞めたい本音

仕事辞めたい本音の相談は
転職エージェントキャリアアドバイザーが最適です
本気の転職を考えているなら
上司や同僚、まして部下に相談する内容ではありません
女性社員が多いお局さんに男性社員が言いなり部署

そんなこと言っても転職理由にはなりません

転職理由の本音は建て前と異なる?

上司が気に入らない
上司だけでなく、経営者・先輩・同僚・部下・後輩の人間関係
社長方針が不満・仕事の仕方が不満で気持ちよく働けない
家族経営のワンマン社長・社長の親戚が多い
よくある成績は自分お手柄!
失敗はお前の責任と押し付ける尊敬できない上司に嫌気がさす

勤務時間と労務環境・労働環境
残業が多い・公休未消化・意味不明のサービス残業・職場環境が劣悪・不満
残業は仕事が遅い理由で改善無し・標準労働時間8時間に程遠い
労働条件・収入の問題
年収・給料が低い、昇給がない、昇進がない、昇給評価が低い不満
残業手当なしでは生活が成り立たない・男性と女性昇給ペースが極端な格差
成果主義どころでない・モチベーションが続かない
社風・企業文化
企業文化に馴染めない合わない・ぎすぎすした会社・仕事が面白くない・キャリアアップができない
チームワークがない・評価制度の問題
会社の経営状況と方針
会社の将来が不安・リストラ多し

仕事辞めたい転職理由!建て前が重要?

キャリアアップしたいんです
スキルを活かしたい
仕事が面白くない会社だった
給与が低い
責任のある仕事がしたかった
通勤時間が長すぎた

そして
社長経営者とか上司が気に入らない
自人間関係がうまくいかなかった
とはあまり言わないようです

上司が嫌だから・・・転職の引き金?

転職の引き金は上司との人間関係
でも、転職理由は面接で必ず尋ねられる項目ですね・・・

転職動機にはネガティブな隠された本音が必ずある
正直なところ、転職動機を掲げるとネガティブな動機ばかり
友人・親しい方々に相談しても
ハイ転職がおすすめですとは誰も言わない
理由の基本は、
人の価値観は星の数ほどあるから・・・
今周囲におられる方々は
建て前での価値観が一致している人間関係が多いはず

自身の価値観の進化による価値観の不一致は
不満に直結します

守り型の会社
攻めの会社

それぞれ価値観は180度異なるのです

時代の進化に取り残された会社との不一致

自己進化を求めるなら
転職成功の可能性は大きいと言えます

やりたいことがあるから転職する
自分の価値観に最適な企業を見つける

実際の転職理由は上記2点が多いでしょう

ところが
求人応募で
必ずある履歴書・面接

転職理由は何ですか?
なぜ当社を志望動機しましたか?

立派な志があっても
本音を羅列すれば
履歴書選考でアウト

結局、本音は口が裂けても言えないので
誤魔化し上手でないと転職は成功できません!

だから
転職の決断は
転職理由のロジックを
うまく構築できた時点でスタート・・・
ということになります。

転職理由や志望動機は
転職先企業の探している
理想的な転職希望者像にできるだけ
近づける方が内定率が上昇します

そのためにも
企業情報を可能な限り収取すべきなのです

但し
折り合わない人間関係は一定の確率で必ず発生します
大企業であるほど嫌な上司の絶対数も多く
必ず遭遇します

部門間移動もほとんどない小規模の会社なら・・・
嫌な上司に当たれば最後
死ぬまで使える気力が要求されます

一番無難な失敗しない転職は
転職エージェントから
転職先企業の社風や企業文化
そして人間関係の風通し情報を
入手しておけば
多少の心構えになるかもしれません

最も若い転職エージェントが
どもまで見抜く眼力があるか?
それはあなた次第になりますね・・・

結局
転職先企業の内部事情を
募集内容や
エージェントの話術から
どこまで探れるか?
ロジカルに構築した転職企業の選択方法で

生涯生き続けるのか?

転職理由

なぜ前職を辞めたのか?
企業面接で担当者が聞きたい必須の質問です

給料が安いとか
上司との折り合いが悪い
評価されない
気まぐれ出来心
など人それぞれですが

転職に至った本音があります
それをどう引き出すのか?
応募者と採用サイドとの攻防なのです

  • トラブルで辞めた
  • 扱いにくい奴だ
  • 飽きっぽい性格

面接でのタブーは嘘!

本音を言えば内定はありません
というのは
面接担当者に納得してもらえなければ
いくら真実を語っても内定はないからです

口に出すべき得ない本音部分は
語ってもマイナス評価・・・
言わない方が賢明です

日本社会の難しさ?