インターネットを利用して就職・転職活動をする人が増えています。
転職活動 期間やノウハウ
転職活動の方法は、

専門職、営業、ITエンジニア・金融・保険業界も含め
ネットで活動する人がほとんどと言っても、過言ではありません。

また看護士や薬剤師など、
1つの職業に限定した就職・転職サイトも存在しています。

それらのサイトを利用すると、
その業界に詳しい専任のコンサルタントがアドバイスをくれるので、
とても役に立ちます。

就職・転職サイトは、無料で利用でき、
多くの有益な情報を提供してくれます。

大手の就職・転職サイトや転職エージェントになると、
全国の求人を扱っています。

ひとりで活動する不安感なども取り除いてくれるので、
とても便利だと思います。

複数登録すべき転職エージェント

転職市場占有率上位から登録必須2~3社がおすすめ

転職エージェント同時期複数登録の転職成功率UP戦略がおすすめ!

No.1の転職エージェント

業界総合シェアNo.1
➡非公開求人情報137,000件は圧倒的に多く高収入転職に有利!
転職成功者は累計37万人越えの実績も20代~30代のキャリアアップ実現の最適期待値を語っています!
転職ノウハウやツールも多く、職務経歴書添削や面接アドバイスも充実
リクルートエージェント
転職エージェント業界No.2

求人業界のインテリジェンスが運営
求人案件数は圧倒的に多くキャリアコンサルが充実!初めての転職者にも安心な情報が満載で、
評判いい企業網羅!
➡評判いい優良企業多い!満足度NO1
DODA
サポート高品質の定番エージェント
人材派遣パソナの運営で求人企業との太いパイプも魅力!女性キャリアにも評判の良い使いやすいエージェントです
➡ サポート高品質の定番
パソナキャリア

ただ、就職・転職サイトにすべての求人が載っているわけではありません。

就職・転職サイトは、求職者からは料金を取りませんが、
人材を求めている会社等からは料金を取ります。

就職・転職サイトはボランティアではありませんので、
どこかで利益を出さなくてはいけません。

だから余計な経費を掛けたくない会社等は、
これらの就職・転職サイトに求人を載せてきません。

だから就職・転職したい会社等が、はっきり決まっているのであれば、
直接その会社等に連絡を取る方が、就職への近道の場合もあります。

但し直接面談の交渉は
小規模の会社なら
やる気を評価してもらえる可能性もありますが

ある程度以上の企業の場合
採用担当部門が委託している
求人エージェントを通さないと
縦割り社会の異端者扱いになるだけでしょう

もっとも、
ある程度の規模があれば
定期採用以外の道は極めて困難です

唯一の王道は転職エージェントかもしれません
彼らはシークレット情報で
うまく大手優良企業に貢献しているからです

超大手の企業でも
実は
中途採用は実施していますが
新聞広告やハローワークには出しません

シークレット情報として
特定の人材エージェントで
扱われているのです

最近は、大企業を中心に採用意欲は回復してきているので、
就職・転職活動等は比較的やりやすくはなっています。

ただし、人材の質にはこだわっている会社は多いので、
必ずしも簡単に就職が決まるわけではありません。

出来れば、何かひとつ大きなアピールポイントを持って就職・転職活動に臨んでもらいたいです。

そして最終的には、本人のやる気だと思いますので、
その気持ちを思いっきり、志望する会社にぶつけましょう。

やる気が大事だと思います。

やる気とは転職先の会社で貢献できるスキル生かせる仕事ができることです

やる気を生かすためには、応募企業の内定を得ないと実現できません

現実の転職活動は、転職エージェントをうまく利用していてはありません

個人での情報取集には限界があり

質と量の両者をエージェントの情報量を個人で上回ることは不可能です

転職失費の主要な原因は、情報不足

転職希望企業の情報を如何に入手できるか?

に転職成果がかかっています

相手を知らずして勝ち目なし、ということですね!

つまりエージェントの利用が不足していたのです

数十社のエージェントから必要な情報を抽出すること

担当者を絞り込むのは最後の数社だけでよいのです

出来るだけ広く多くのエージェントから

希望に近い応募可能な企業情報を掴んでいるエージェントを選択します

入社したい会社の情報をエージェントが正確に知っているか?

不安な返答なら該当企業の社員に確認をした方が安全です

転職活動はエージェント登録で具体化へ

転職活動で求人先を紹介するエージェントに登録する
履歴書から職務経歴書・年収から業界や職種の記入欄に記入する
職務履歴を整理すれば過去の棚卸にもなります
希望職種の方向性を決める糸口も見つかります

職務経験と希望職種のマッチングも必要です
今後に期待できるスキルアップと
不足している職務能力を発見し
強みを生かした転職活動にターゲットを移行することが
転職成功につながります

現実逃避が転職活動に影響力を持つと
安易に妥協してしまう恐れがあります

自分の職務能力とスキルアップ目標を
明確なロジックで整理しておけば
自分の適正から外れた求人に
惑わされることはなくなります

エージェント担当者も転職理由を
十分に把握できれば
優良案件を紹介しやすくなるのです

求人情報を見ただけで
セレトニンが湧き出すような求人企業の情報は
仕事への期待感が膨らみます

質の良いエージェント情報を獲得するためには
応募目的から自分のスキルを
明確にする必要があります

応募者の価値観を明確にする
さらにそれ以上重要なことは
優良案件を紹介されるだけの
十番な価値観がある応募者になることです

つまり紹介された優良企業への内定合格率の問題です
相手方企業が求めている求人タイプと
応募者であるあなたとのミスマッチが不合格

求人先企業が求めている応募者であれば内定合格

したがって
人材募集している企業が
今回の求人に求めている価値観に
あなたが可能な限り接近できる情報を
エージェントなどから入手する必要があるのです

相手先企業が欲しがっている人材の情報を入手すること

そして
提出書類や面接対策に
入手できた相手先企業の社風や求めている人材像の情報を
可能な限り生かす

企業側が事業展開に不足しているリソース補充手段に
本当にあなたが役立つのか?
企業が今回求めている人材像として
十分価値ありと評価されれば
採用の可能性は限りなく高まるのです

そのために
エージェントから提示された
相手先企業が求めているスキルと経験値に

あなたの経験値とスキルが
如何に具体的にフィットするか?
相手方に提示できる手段として
履歴書や面接対策を施す必要があるのです

面接担当者は
あなたの自慢話を聞くよりも
企業側の戦略対策の人材として
適格である証を欲しがっているのですから・・・

間違ってはいけないのは
採用決定権のある担当者は
自分の将来にとって代われるほどの
企業戦術に長けた有能な人材を今回求めて
求人募集したのではありません

経年の数値目標を達成できる
戦略的社員を欲しがっているのです

あなたが
今回の求人採用部門の
数値目標達成に十分貢献できると評価されれば
内定決定となり
足を引っ張る人材の可能性が感じられれば
即不採用となるだけなのです

エージェント利用の目的は
単に面談の日程調節や
年収交渉だけが
主目的であってはなりません

紹介された
魅力ある募集企業が
欲しがっている人材像の内部情報を
担当者が
どの程度の深い内容まで提供してくれるのか?
情報収集内容とスキルの問題ですね・・・

キャリアアドバイザーが
あなたの値踏みをしてくるように

あなた自身も
シッカリ
担当のキャリアアドバイザーの
スキルと経験値を評価して
良好な関係が築けるか?
一番最初にチェックできなければなりません

転職希望者が窓際なら
十分時間はあるかもしれません

キャリアアップのステップとして
転職希望するなら

最初のステップは
自分の分身として
失敗しない転職ができる
情報を提供してくれるキャリアアドバイザー
を如何に確保できるか?

転職の成否は
この段階で既に決まっているのです

募集企業の内部情報は
転職系の口コミサイトがらも入手できます

口コミサイトの投稿者は
該当企業勤務者か退職者の可能性が
高いからです

企業内部を知るためには
口コミ情報は役立つことは確かです

が、あなたにとって
今必要な情報とは
今、企業が欲しがっている
求人人材像なのであることを
忘れてはいけません

余計な情報はトレードオフして
面談合格一直線作戦を
実施することが重要なのです

転職エージェントのダメ担当者の特徴と見極め

本気で転職するための転職エージェント活用は
効率的にいい転職先が決定する可能性を秘めてます

優秀な転職エージェントでもダメ社員は存在します
また優秀なキャリアアドバイザーでも相性の問題があります
自分と相性が合わなければ
よい関係を築きにくいものです

転職は転職エージェントの為にするのではありません
転職目的達成の妨げになる担当者は
大手なら即変更可能です

中小エージェントは人数の関係で簡単ではありません
転職の成否は
担当者との関係が大きく影響します
信頼にかけると感じた時に
担当者変更がダメなら
転職エージェント会社の変更が賢明です

そのためにも
転職エージェントは
複数登録して置けば無難です

最後に転職成功後、
その他のエージェント登録は解約しましょう
大切な個人情報が含まれるからです

好ましくないキャリアエージェント兆候は?

優秀なエージェント担当者が
多くに転職成功例を輩出していますが・・・

稀に最悪の担当者がいない保証はできないのです

担当者が信頼できないと感じたら
すぐに変更してもらいましょう

転職情報+アルファの情報がない

転職成功ノウハウがない

転職エージェント資料を提示しない

職務履歴の正確さを求めない

面接対策で誤魔化しを勧める

浮ついた夢や理想を多く語り
具体的な転職の秘訣は語らない

転職希望業界の知識がない
経験値と情報力~知識不足の担当者

業界情報に精通していない
担当者が業界情報を知らないと
該当業界への志望動機が描きにくい

転職業界だけでなく
キャリアアドバイザーの経験と知識不足

作業に計画性がなく
作業手順の悪さ目立つ
単発的な提案が多く
仕事の段取りは最悪

収入が増える話がやたらと多い
転職結果の理想だけを熱く語る
具体的なデメリットの話を避ける
転職失敗例は言わない

質問に対する理解不足
知らないことにないして
明確な返答がなく調べもしない
ミスが目立つ
早とちりも多い

提出書類内容を覚えていない
シッカリ見ていない様子
信頼できない不安感が増幅する

会話と交渉能力不足
話が通じない
ポイントとがつかめない
理解力がない
伝達能力に欠ける

レスポンスが遅い
電話対応が遅い
メールの返答も遅い
こんな担当者は応募企業へのレスポンスも悪い

連絡に対する返答がない
約束を守らない
時間にルーズ

会社のメールや電話に連絡をしてくる
全く状況が読めない最低の担当者です

私を信じられないのですか?
気に入らない発言にすぐキレる
横暴な態度
空気が読めない
ビジネスの常識不足

相性が合わない
相性が合わないと積極的な
良い人間関係が築けない

在職期間が短くても転職選択を進める
担当者の営業成績優先が見え隠れする
応募者の希望や適性を無視して
採用率が高い企業紹介を優先してくる

希望や適性~価値観のヒアリング不足
担当者の社会常識に疑問符がある

担当者との折り合いや対応の悪さを感じたら
交代の依頼を窓口に伝えましょう
担当者変更依頼の理由はハッキリ
伝えましょう

他のエージェント会社の良く言わない
悪口を言う
自社のメリットだけ強調する

相手はあなたを厳しく評価

自分が相手を見ているように
相手方もあなたを
厳しく評価しています
キャリアアドバイザーの視点から
予想以上に厳しく減点されているかもしれません

担当者のそっけない態度が
横暴なダメ人間から来ているものなのか?
それとも
あなたがダメ人間の烙印を押されたのか?
その見極めも必要です

自分の欠点を棚に上げて
人の悪口を言う人は多いことも忘れてはいけません

転職活動は会社に内緒が基本

転職活動は在職中にしないとリスクが大きすぎます
転職希望の業界や職種に必ずうまく転職できる保証は全くありません

したがって
在職中の転職活動は
会社に感づかれないように細心の注意と
上手い立ち回りが求められます

転職活動は勤務時間外

休日や休暇中が理想ですが
少なくとも勤務中での活動は自粛しましょう

出来れば有給休暇
最低でも半休、午後出勤や早退などの手もあります

但し、度重なる休暇取得や早退は
かえって怪しまれる種をまいているようなもの!

おまけに
頻繁に携帯にかかてくる電話対応に
いちいち席を外しヒソヒソ話・・・

職務経歴書などの応募書類のコピーを会社ですると
意外な人見みられたりするものです

在職中の転職活動は時には勤務時間に及ぶこともあります

勤務時間を転職活動に利用しないように
最新の注意と計画をもって
転職活動に臨みましょう!

転職活動のゴールデンタイムは夕方以降?

ネット情報が便利な時代になっています
下手な情報より知りたい詳細情報が簡単に入手できます

パソコンを十分活用すれば
効率よく情報入手できるので無駄かありません

携帯電話の利用よりメール連絡が実用的です

企業情報の閲覧から応募まで
全てネットで可能なのです

それもアフターファイブの時間利用で可能です

転職エージェント利用なら
公開されている情報以外の非公開情報も多く
転職情報の入手手段度しても
ネットネット利用は十分利用できるのです

転職活動は転職エージェントに任せる

転職活動がばれる危険度を考えると
転職活動は
転職エージェントに任せた方が
安全度も高く
情報入手も簡単なので
おすすめです

退職後の転職活動

退職後に転職活動をすると

  • どうしても即行動ができないのが人間の性
  • まず失業保険をあてにする
  • 少しリフレッシュをしてから本格始動する予定
  • 上手くいかないので焦りだす
  • 職の空白期間が長いほど転職に不利
  • 結局、転職エージェントお気に入り得意先に転職決定?

やはり収入面での不安がないなら別ですが
生活のための転職は
空白期間を作らない退職前の転職活動が成功率が高いと言えます

転職情報サイトや転職エージェント選び

転職エージェント評判や比較の詳細ページはコチラから

ネット探せる求人情報

  • 転職情報サイト
  • 転職エージェント(人材紹介会社)
  • 求人企業のホームページ

などがありいずれもそれなりの特徴があります
自分が最適な転職をできる手段を選びましょう
今、転職を短期間で高収入企業に転職できる
職務経験とスキルがあれば
どの方法でも素晴らしい転職ができるでしょう

でも
さらに上の望むなら
自分に最適の働きやすい企業を見つけたいのなら

転職エージェントへの複数登録が
おすすめです

転職エージェントとは?

転職エージェントはマンツーマン、
一対一で転職へのキャリアアドバイザーが
細かい相談まで乗ってくれ
最適の非公開求人情報まで提供してくれる厚生労働省認可の人材紹介会社です

もちろん利用料は無料です

今や20代から30代の転職希望者の大半が利用しています

その一方で求人募集情報は
大手転職エージェントに集中しており

最初は最大手に登録し
順次、専門職種に強い中小の転職エージェントに登録して
信頼できるキャリアアドバイザーを見つけ出す方法が良いようです

最後に一社に絞り込み
内定獲得を目指します

個人やコネで情報収集するより
はるかに広範囲の情報が集まり
効率も良く
無駄な時間がありません

応募者は、自分がするべきことに集中し
レベルの高い転職活動に専念できるメリットが大きいのです

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1