転職エージェントを選ぶ時に大切な転職エージェントの評判

転職エージェントを選ぶ時は転職エージェントの評判がいいエージェントに登録することですね!

転職エージェントの評判が悪いエージェントはお勧めできないのは当たり前ですね♪

転職エージェント違い

リクルートエージェント

DODA

パソナキャリア

JACリクルートメント

リクナビNEXT

転職エージェント違い比較一覧

 

非公開求人数 ポイント 人気職種
リクルートエージェント
5.0
137,000件以上 実績業界No.1の転職ノウハウは外せない 営業系など転職業界最大
DOADエージェントサービス
5.0
80,000件以上 頼れるエージェント!DODA特化の限定求人など登録は欠かせない。スカウト機能・コラム配信・社風や先輩情報。運営はインテリジェンス 総合転職エージェントIT/通信系など高収入・高待遇
パソナ
5.0
15,000件以上 CAは職種毎に専門特化で正しい転職を提案 IT・通信/営業/メーカー/医療・福祉医療
JAC Recruitment
5.0
8,400件以上 エージェント550名で情報厚い一気通貫型エージェント 外資系など年収600万以上でワンランクUP志向に最適
リクナビNEXT
5.0
80,000件以上 最新求人数や業界動向など登録必須サイト!転職フェアーも超人気。スカウト機能は企業からオファー/情報満載 自分で応募する公募モデル
登録者数670万人以上
マイナビエージェント
4.5
エージェント登録者数は大手と比べて少ない。新卒採用では最強級 大手3強の次順位候補と、評価高い
アイデムスマートエージェント
4.5
お仕事探し求人情報アイデムのエージェント版。 求人情報で培ったネットワークは強力な情報源
ワークポート
4.5
IT・Webの分野に強み 総合転職エージェント
ハタラクティブ
4.5
職種・未経験者に有利な案件が多く内定も期待できる 特化型転職エージェント既卒・第二新卒など20代向き
クリーデンス
4.5
ファッション・アパレル業界へ転職!好条件のセレクト・商社・外資など人気ブランド非公開求人が魅力 クリーデンス求人はゾゾタウンやウサギオンライン・エアークローゼットほか。職種も多彩・・・デザイナー/パタンナー/MD/バイヤー/営業/店長/販売/店舗系/生産管理/物流/貿易
ギークリー – Geekly
4.5
2,000件以上 IT・ウェブ・ゲーム業界専門で業界経験3年以上のコンサルやカウンセリングは深さ質に高い評価。 関東IT・WEB・ゲーム業界に特化型。満足度1位受賞有
エムスリーキャリアエージェント
5.0
m3グループの医師転職で業界最大級

医師会員は25万人以上。医師利用者数年間1万人以上で利用者の平均満足度96.1%という医師業界特化型。医師転職はココが最初で最後

常勤転職の9割が非公開求人。
医師の初めての転職はM3キャリア。   60秒で完結。無料登録           年収1800万円以上

求人情報などで目に付くのが転職エージェント おすすめ 20代 というキャッチコピー!

実際に採用担当者が確保したい転職エージェント おすすめ 第二新卒という一番フレッシュな若者が売れやすい人材市場でもあります

IT化が要求され社内のIT関連人材の不足が目立つ企業も転職エージェント おすすめ itを探す優れたSEを確保したい時運が高まっています

転職エージェント おすすめ 女性向けの女性キャリア転職型エージェントは、キャリアOL・女性転職者に人気があります

今多くなている転職エージェント おすすめ 30代転職エージェント おすすめ 40代向けの転職エージェントは

求人倍率が上昇してきた昨今では、依然と比較して多くの求人情報を確保している転職エージェントが多く、

かつては転職失敗が多かった方でも、情報収取や職務経歴書、面談対策などのポイントをしっかりカバーできれば

転職エージェントの評判 2chで多く見られるのような悲惨な転職結果を心配することはありません

派遣で評判のエージェントも、重要の多い正社員転職の求人企業に営業をかけている現実があります

大手の転職エージェント パソナも転職エージェントの取引企業数が多いので、社会貢献を目指すパソナの優秀なキャリアエージェントに巡り合えば落ち着いた転職活動ができます

転職エージェントの評価は誰がする

転職エージェントの評価を、転職成功率で決めるのは、転職エージェントだけ?

本当の転職エージェントの評価は、転職後でないと不透明です

以前なら定年退職日にすべての評価が決まる!と結論付けるのは簡単でした

今でも転職エージェントの評価は掴み辛いものがあります

転職者自身が満足すれば転職エージェントの評価は◎

転職者が早期に再転職すれば転職エージェントの評価

年収や労務環境が改善されれば、多くの転職者は転職結果に満足する確率は高くなり

逆の場合なら転職を後悔することにもなりかねません

転職成功と転職エージェント評価の関係

転職エージェントの評価は
転職希望者の適性と転職エージェントの得意分野が
近づくほど評価が高く
乖離すれば評価が低いのは当然結果です

転職応募者に最適な情報を提供できる
求人募集企業情報がないエージェントに登録しても
合致しない求人企業を押し付けられる可能性を否定でしません

小回りの利く中小の専門分野に特化した転職エージェントなら
専門分野の転職者に最適な転職先を提供できることもあります
専門分野に特化した転職エージェントで規模があまりにも小さいと
人的つながりのある企業の紹介をえらる場合もあり
太いパイプがあればよい転職先の情報を入手できます
但し、大きな欠点は情報量が少ないので
設定した期間内での転職は困難と言えます

大手の転職エージェントのケースでは
保有している採用希望企業数が膨大であり
求職者が転職希望内容を十分に棚卸しないで

浮ついた転職希望をキャリアアドバイザーに伝えると
キャリアアドバイザーの求人企業選択も的確さを欠くことになり
結果、不満な転職企業面接を繰り返すことにもなりかねません

転職者が入職後、しまった早まった、と継続的に感じれば
転職失敗と思い始まるでしょう
そうなると転職エージェント評価は最悪になります

転職エージェントは複数登録することにより
キャリアアドバイザーの良しあしも分るようになります

さらに大切な人材募集状況も生きた流れの
生の現場情報を聞くことができるのです

結局転職エージェントの評価
転職エージェント選び方で良くも悪くもなる傾向は否めません