転職エージェント 50代の転職とは?

50代転職おすすめはクリートエージェントが最適です!
業界最大のノウハウと転職実績年間約3万人が根拠となります

まず
65歳定年の時代に突入し
現役まっだだ中の50代社員
今後50代職業人の転職は増加する社会情勢があります

大学卒業後30年
まだまだ元気な50代で引退する時代は終わりを告げたのでしょうか?

50代定年で嘱託社員で年収ダウンするより
給与水準が多少下がっても
50代前半の今、60歳以降の生活水準を維持するためにも
今から生涯年収の試算を引き直し計算してみる価値があります

現役会社の退職金制度と福利厚生制度など比較検討し
転職により60代の総収入額を上げるキャリアアップも検討して損はありません

まず
50代は転職してはダメ!
という鉄則があります

その意味は、会社を辞めてはいけない!

会社を辞めないで
転職活動する理由は
50代後半で雇用が終了する就業規則が
会社にあるから・・・ないのが当たり前?

雇用契約が終了する前に
転職先確保する保険担保と思えばいい

現役バリバリ経験豊富なベテラン社員を
確保したい企業は少なからず存在します

時流に乗り急成長したベンチャー系企業は
利益は確保できるが
社員育成の壁が必達の課題なのです

リスクマネジメントや折衝能力のスキルの差異は歴然です

企業コンプライアンスの構築が急務な今
監査室を設け社員を守る監査制度の必要性も痛感されています

50代ベテランの資質を高く評価しても
古い体質に閉じこもった人
柔軟性に欠ける
今までの方針は曲げられない
自分の人生は過去の会社がすべて

などベンチャーの対極にある人生観が転職を不可能にしています

成功の法則は
世の動きが生み出す需要に過敏であれ
主体的な行動力
自分で頭を働かせる
チームワークと烏合の衆の本質が理解できる
チームワークの力を発揮させる人
肩書に固執しない
得意なスキルは役立つスキルである
説得力のある直感力に優れる
築いてきた人脈が豊富
時流の変化に敏感
ニーズンも的確にくみ取れる
企業ガバナンスを理解している
目線は経営者、姿勢は平社員
業界変化の兆候が感じ取れる
若者からの信頼が厚い

50代の転職希望者が持ち合わせていない項目です
あなたが採用担当なら
上記全て◎なら不合格にしますか?

結局、50代の転職成功率は悲惨ですが
その原因は本人のチャレンジ精神がないことに起因します
脳組織が硬直化しスカスカになるのは自然の摂理です
それを阻止するのは自らの力以外ありません

退職金を支払わずに65歳まで雇用延長する企業は増加傾向にあります

その一方
受給資格期間の25年に満たないなど
年金支給さえ見込めない就労者数が少ながらず存在しています
受給期間を満たす任意加入や
転職先で厚生年金に加入できれば
給与アップと
年金支給獲得と
今、手を打てば収入が大幅に増加する可能性すら存在するのです

重要なのは、社会の平均値で物事を考え判断する思考回路ではなく
自らが置かれている立場と処遇を要素に判断基準を再構築しないと
60代以降の人生設計は砂上の楼閣になりかねません

転職とは何か?
仕事を辞めたいから?
人間関係の問題?
思いつき衝動的に?
転勤が嫌?
給与アップがない
残業が多い?

上記は20代~30代の視点です
50代の転職は生涯総収入額を
もっと深層まで掘り下げないと成功しません

今更、個人年金額を積み増しても限度があります

このターニングポイントの選択こそ
あなたのスキルの真価が問われているのです

 

 

★50代の転職

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1

50代ともなれば転職動機はあまりにも広範囲!

対応できるノウハウがあるはリクルートエージェント以外では難しいかもしれません

年収800万から1,000万が最低条件のハイクラス転職希望の方

早期退職で次の会社を物色中・・・

警備員からタクシ委乗務員へ転職希望など

50代だからと言って全員が管理職や専門職でもないからです

パソコンを扱えない中高年から

未経験の業界に挑戦する方

スカウトで転職したい希望の方

求人情報誌では50代の転職に最適な職種が出てこない

最後の転職は外資系で働いてみたい!

 

あらゆる年代の男性・女性に対応できる専門のキャリアアドバイザーが

最適な転職先企業を紹介するノウハウが50代の転職に役立つのです

 

50代の転職に不安を感じる方が多いのは事実です

中小のエージェントなら求人案件の少なさにより

余計に不安感が募り、自身すらもなくなります

非公開求人数137,000件がここで生きてきます
特に条件がいいから非公開なのですが
50代に最適な求人数も半端な量ではありません

求人案件の量や質だけでなく
担当コンサルタントのサポートが
書類作成や面接対策まで細かいアドバイスをするので
不安感が出没する隙間がないのです

だから業界No.1のリクルートエージェントは中高年にとっても
自身と実績を頂ける名実ともNo.1のエージェントと言われるゆえんでしょう
実際50代の転職希望者はたとえ

現職の管理職・役員であっても、なくても

頭の固さは同じ傾向があり

自分の転職条件にこだわり過ぎる傾向を否めません

 

求人募集企業の募集背景にあるのは、キャリア・スキル・経験ともに豊富な幹部社員を採用したい企業の存在です

求める企業と求職者をマッチングさせるのが転職エージェントの仕事です

 

とはいっても人それぞれの関係には相性の問題も多々あり

如何にチャンスを掴み切れる熱意と事前準備がなされたかの具体的努力丹生運命がかってきます

 

もちろん50歳にして会社の将来性が不安になった理由から転職されるケースも多くあります

時間的制約を考えるなら

事前の計画と準備を早期に開始しておくことが大切です

人生の仕上げでやりがいのある仕事に就きたい!と考える方も多い年代です

 

具体的な転職理由の一つに家族の介護問題があります

今の仕事では介護の時間が取れない

収入が下がってもいいから十分な介護ケアーをしてあげたい

自分の老親の介護が目前になると考え方も大きく変化してきます

介護ヘルパーへの支払い金額と

収入源とのバランスも計画の大きな要となります

 

面接や職務経歴書・自己pr等の書類が転職では必要になってきます

自己の転職理由が、50代の転職に相応なレベルで仕上げる必要があります

 

そして一番重要な転職活動開始のポイントは

今仕事中の

勤務している会社を先に辞めないことが重要なポイントです

 

20~30代の転職でさえ、離職から就職面談までの空白期間が長期化すると

再就職に大きなマイナスポイントになってきます

まして

よほどの運がよくない限り

50代で離職を先にしてしまうと、再就職は極めて困難になります

転職エージェントでさえ、離職期間が長い中高年を敬遠する傾向は否めません

 

転職理由があり

転職の可能性が少しでもある時期から

粛々と転職の準備活動をしておく必要があります

よく言えば、次の勤務先からの内定通知を受領する以前に

退職をしないようにする必要があります

 

もちろん新会社との労務契約は退職後

転職活動は、公休等や帰宅後にパソコンから検索で十分活動はできます

 

超大手の転職エージェントならコンプライアンスもシッカリしており

事情を十分理解しています

 

確かに

求人募集企業もシークレット情報で人材募集をかけ

応募者も匿名希望で行動する

なんかそれが社会の縮図っていうと大げさすぎるのでしょうか?

 

以前と比較するまでもなく

若い世代でも在職中にスマホ利用で転職先を決め

初出勤日まで決定してから

辞表を提出する人もおられます

 

迷惑の掛からないように配慮して

今までの勤務に心から感謝することによって

次の新しい人生を切り開く

優良企業への転職成功をしましょう

 

いずれにせよ

家族・家庭・人間関係で多忙な50代の転職は

一人で実施するより

転職エージェントをうまく活用しながら

最新の情報と転職先企業の情報を入手し

面接の時間をうまく調整してもらいながら

担当エージェントのコンサルとのいい関係を作り

信頼できる転職の成功に導くことが大切です