柔軟性が求められる即戦力の転職エージェント おすすめ 40代転職!
簡単ではない40代の転職は覚悟した方がよいほど厳しい現実があります
相当長期化する可能性が大きいので安易に離職すると生活費の問題に悩むことになります

現職の退職願は当然転職先が決まってからです
失業保険が思わに高額のケースもあるので目がくらみ
転職浪人を続けると余計に再就職が困難になります

ましてそれなりの管理職を転職で獲得することは至難の業かもしれません
具体的な転職先探しは
転職エージェント選びから即スタートしないと
無職のブランクが発生するので余計に再就職のチャンスを逃すことになります

大手管理職経験がであれば
現役職務中に転職先を真っ先に見つけるべきです

大手転職エージェントはシークレット情報扱いの非公開求人で動く案件も多く
既存の企業に勤務しながら転活するのには最適とも言えます

 

非公開求人は言葉通り一般には公開されない非公開扱いなので

転職活動がばれにくい活動に向いてます

 

但し、いくら内緒で転職活動しても

転職活動がばれない保証はありません

 

登録者の勤務先情報や住所氏名を公開することはありませんが

勤務先の人事担当者の目に留まる可能性は皆無とは言えません

自社の社員かもしれない?という直感は怖いほどピッタリ当てられると理解しておくべきです

 

したがって退職前の転職活動は

本気で短期間で確実に転職先からの内定確保を獲得できるように

転職ノウハウを余すところなく発揮できる準備とスキルが要求されます

 

大手エージェント登録した40代転職者で、
すぐに転職できるスキルのある方は
独自ルートで転職先を見つけることも容易なレベルですが、

個人と大手転職エージェントの情報量の差は歴然であり、

比較になりません

大手転職エージェントに登録すれば
高収入転職を実現できる可能性が限りなく広がります

転職後の年収アップの実現が
転職エージェントの売りですから・・・

リクルートエージェントは

40代の高収入転職例が多い転職エージェントです
もちろん世代別全てにおいて

シークレットの非公開求人保有数もナンバーワンです

40代の転職成功率が低い一般的な再就職の現状と比較しても
エグゼクティブ転職成功率は高く実績も多い転職エージェントです

なぜ転職成功者が多いか?

例えば
中高年の柔軟性に欠ける発想を柔軟に研ぎほぐすアドバイスもしています

面接では?

40代の転職希望者に対する面接では
キャリア面だけでなく
人格や人間性・人柄も重要な判断材料になります

  • 40代ならすべてにおいてベテランでなくてはいけないでしょ!
  • 敬語も使えない
  • 責任感の欠片もない
  • ビジネスマナーがなっていない
  • 柔軟性に欠ける
  • 自分の意見を曲げないタイプ
  • 前向きさがない

こんな印象を与えれば大きなマイナスです

ハッキリ言って40代後半になると
責任逃れや
部下に責任をかぶせる技量だけは長けてます

さらに
若い時のように何事にも積極的に取り組む姿勢に欠けています

一番困るのが熱意の欠如です

望みは高く
姿勢も高く
熱意も感じとれない

そして収入面と
勤務条件だけはキッチリと質問してくる

採用側の面接担当者の質問には
滞りなく答えたつもりでも

聞きたくなるような具体的な質問内容の会話ではなく

抽象的な当たり障りのない回答ばかり

この転職者
本当に当社で働く気があるか?

自分の応募した企業の情報を全く知らない
調べもしない

転職失敗の代表的パターンです

このことからも
向上心や熱心さの強さを如何にアピールできるか

中高年に差し掛かる40代にしては
若々しさがある柔軟な発想だ!

40代転職成功のポイントは?

即戦力で企業に数値貢献ができるか?

  • チームワークがわかっているか
  • 環境適応力がある
  • 向上心が持続的で強そう
  • リーダーシップが発揮できそう
  • ビジネスマナーもシッカリ身についている
  • 仕事への自信がみなぎっている
  • 柔軟な考え方が見え隠れ
  • キャリアに伴った人間性・人格・誠実さが感じれる

仕事に対する熱意のモチベーションが維持できるか?
バランスのとれた人間性と能力がまさに求められているのです

一言でいえば
キャリアに裏打ちされている
バランス感覚の優れた人物像
つまり完成された即戦力を伴ったスキルの持ち主

管理職であり
同時にプレーヤーでもある人物像

企業が求める転職者像と一致する必要があります

これほどの
スキル・能力・人格
が揃った社員はそう多くありません

事実優秀なら
転職する必要がない社員です

ですから
採用面接担当者は
必ず
転職理由を尋ねて来ます

この転職者の本音はどこにある?

美辞麗句や建前を聞く時間がないんだけど・・・

転職動機や応募理由
応募会社の強みや主な業績程度は
時間をかけて調査しておきましょう

自分の応募理由と
人材募集企業が期待する転職者像に
ギャップがあれば
転職失敗に直結します

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1