中途採用の転職で一番戦力的に魅力のある転職エージェント おすすめ 30代の転職!

業務経験や知識が豊富で
即戦力として便利で重宝な転職者像の

イメージが先行している30代の転職者・・・

実際に業務知識やスキルが豊富だから、
即採用という事はありません

採用側企業では
中途採用である採用予定者のポストはすでに決まっています

転職者の職種・職務だけでなくすでに担当業務まで決まっています

採用担当者は、
応募者が指定業務をこなせるスキルがあるか?

職務経歴書で判断し
面談で具体的に質問をして確認するのです

決められた労務環境で
与えられた職務をこなせるかどうかを判断する訳です

つまり決められた職務をこなせる即戦力なのか?

配属先が決まっているだけに

当該部門長
採用後に与える業務内容に関する具体的な経験やスキルと
全般の知識情報量・技量などを確認しようとするでしょう

役員は、会社発展に寄与する意欲と資質の有無

そして人事担当者
会社を辞めて転職する人材だから
再離職の秘めたる可能性の有無や本音を徹底的に聞き出そうとしてきます

退職理由はどこまでが本音なのか?
既存の社員とうまく交流が持てるか?
プロジェクトに参加させた場合、
途中で退職をするような素養がないか?
労務環境や収入面での条件をどこまで承諾しているのか?

こう見てくると面談は生半可な雰囲気でないことがお分かりだと思います

事前に十分な対策と準備なしには
内定合格にはならないと考えるべきでしょう!

人間性や企業文化との溶け込み方は、面談だけではすべて把握できない即面があります

応募者を採用したときにどこまで戦力として使えるのか?
納得いくまで質問して来ます

最も、不合格と面談初期に判定されている場合は
非常に和やかな雰囲気で
あなたならどこの会社でも戦力になれそうですね・・・
と、やたらと小刻みに誉め言葉が出てきます

不採用で企業の敵を作ることほど愚かなことはないからです

仕事環境や勤務条件・労務環境・待遇などの話が出ないなら
相手はすでにあなたのチェックが終わっているのです

キレイにお別れするための会話と思っていいでしょう

30代の転職

20代ならまだ育成中の若者の香りが抜けきらないイメージがあり
秘められたポテンシャルに期待したり
熱意や意欲を評価しれくれます。

30代の中途採用、転職となると
中堅的な職務能力を期待されます
若者の育成
部下の指導など
マネジメント能力
が問われ始める年代です

係長や課長職にふさわしいスキルと経験を持ち合わせていることが望まれる年代です

課長職もしくは候補レベルの戦力としての資質が求められるのが30代です

近年の企業ではプレイングマネジャーが定着しつつあります
プレイングマネジャーは自らも作業を行い
プレイングマネジャーは管理職も兼ねる職位になりつつあります

過去の職位が単なる管理職であった固定観念がら脱却できず
転職先企業の風土や文化、社内規則に馴染めない柔軟性の無さも
採用担当者が重視する資質の判定要素です

今までこうやってきた自信があります
御社の組織規程を変更しないと
この先発展するどころか
生き残れませんよ!って
過去の業務経験を押し付ける転職者はありうるパターンです

求人企業は経営者を求めているのではありません
転職先人事担当者に最も嫌がられるパターンです

面接段階でパーソノリティを見抜く千里眼が
採用担当者に要求されるゆえんです

年齢とともに頑固になる人間の煩悩は
30代で既に出現しています

変化対応力のない中高年に差し掛かる30代後半ともなれば
数回の面談が要求され採用に慎重にならざるをえないのです

そういった意味から
転職履歴や配置転換
部署替えキャリアの歴任など
面談で転職理由を尋ねられた回答に
臨機応変
環境への適合性
変化対応力
などが認められると
30代中後半以降の年代には
転職経歴がメリットになるので
頭の柔らかさに筋を通す必要があるのです

いずれにせよ30代の転職は即戦力が求められるので
職務経験の自己棚卸を
具体的経験で説得できるロジックが完成する段階まで実施することです

企業がこの人を採用したいと思えるスキル・強みを具体例を挙げて

説明しなければならないのです

  • 転職候補企業で必要な資格は何か?(有資格者が不在のケースならラッキー)
  • どのようなスキルや技術で貢献できる可能性が大きいのか?
  • 実務については具体的実績や経験を短時間で説明できる準備とスキル

最低これくらいは自己棚しで事前にロジック構成をしておく必要があります

 

この手の面接に成功すれば、生涯年収は大幅にアップする可能性があります

企業は自社に貢献できる人材には年収で入社を促すからです

失敗すれば間違いなく不採用、必要のない人材を企業は採用しません

教育するなら自社のプロパー社員に投資するからです

 

大切のことは求人募集している企業の転職者像と

応募者の転職者像とのマッチングと相性の問題です

 

自分のスキルと経験の具体的な強みを発揮できる企業を

転職エージェントの専任キャリアアドバイザーが

如何に適切にマッチングさせて紹介してくれるか?

 

ここに転職エージェントの担当キャリアアドバイザーとの信頼関係や相性が重要視されるポイントがあるのです

いくら大手で有名な転職エージェントの敏腕CAでも

転職者人っては相性が悪いケースも発生します

逆に中小転職エージェントにも

数少ないCAとの巡り合いが最高の転職結果から

理章の人生が展開できる事例もあります

 

転職エージェントの口コミやランキング情報はほどほどに解釈して

自分独自のポリシーを貫き

最良のキャリアアドバイザーとのいい関係を見つけられれば

最高の結果が期待できるでしょう!

転職エージェントにとっての30代の転職

30代の転職は20代の転職より困難なことは事実!

だからと言ってキャリアアドバイザーは30代の転職をおろそかにはしない!

彼らにとっての困難は自らのスキルを自他ともに認めさす最大のチャンスであり
会社にとっても年収の高額な転職者ほど手数料収入は増大する

転職エージェントが最大の関心を持っているキャリアアドバイザーのスキルは

  1. キャリアアドバイザーのより年収アップが期待できる企業紹介マッチング力
  2. 収入アップ交渉力で勝ち得た転職者の年収増の付加価値
  3. 担当企業が求人依頼をする背景の分析能力

であるべきはずである

このことは30代後半から40代以降の求職者にとって
転職エージェントを利用して活用する大きなメリットであり
一致する共通の期待数値なのです

転職エージェントを利用する一番入しいメリットは
自分で自己棚しするよりはるかに具体的に実現期待度の高い
スキルや強みを発見して
具体的に貢献できる企業を紹介してくれることなのです

彼らと転職希望者との一番太いパイプは
最大利益の確保という
図らずもビジネスマンの宿命の原点で一致していることでしょう

思い切って転職エージェントを活用すべき時は今しかありません!