転職 年齢はいくつまでとはわかりにくいのが現状です

法的に転職 年齢 制限は、均等な機会を与えなければならない、との観点から

転職で女性を制限したり

転職募集年齢の限界を大きく記載されていることは少なくなっています

但し、一般的には

転職で最適な転職平均年齢は30代前後

つまりアラサーの転職くらいが気が楽という事もあります

30歳で転職するなら

28歳くらいから準備をする

具体的キャリアを磨き方向を決める必要はあります

しかし何歳までが転職の限界という事はないのです

キャリアやエグゼクティブ転職なら50代の方が需要があるかもしれません

そういう考え方では

30代は何らかの専門的スキルが確立していないと転職できないことになります

現実的には、何歳だからこういうスキルや技術がある

無ければならないという決め事だと

死ぬまで転職できない人も出現するはずです

要は、自分の背丈にあった転職先を見つける事

そのための自己棚卸であり

方向性を第三者の目から適正に判断できるのがキャリアコンサルなのです

 

採用する企業サイドは、採用年齢については

転職ポテンシャルに期待するほうが業績貢献が期待できると考えている企業もあります。

現実的に業績貢献を求めるなら即戦力スキル

つまり具体的なスキルがあれば即戦力になり業績貢献度も高まるとして

能力次第という事になりますね・・・

 

IT関連だけでなく一般の転職においても

若ければ若いほど有利という現象は否めません

中高年の年齢に差し掛かってくるほど

転職条件は厳しくなってくるのは当然とみられていますが

少子高齢化の社会現象を克服する意味でも

経験やスキル豊富な中高年転職希望者を積極的に採用する企業が

評価され国の支援があってもいいと思われます

 

他業種/異業種への転職は、いつまでという事はありませんが、

業界・業種が異なるとできるだけ若い方が有利であることは確かでしょう!

ブライダル関連のウエディングプランナーなどの職種では、それ相当の最適年齢がわかる気がします

web関連のwebデザイナーやwebディレクター・クリエーターやグラフィックデザイナーなども20代オーバーまでと言われた時期もありましたが

圧倒的に売り手市場のIT関連やSE・ソフトウェア関連とエンジニアなどは転職エージェントでも年齢に関係なく

転職成功の例が多くなっています。

ネットワークのすそ野の広がりやネットワークエンジニアだけでなくプログラミングできるプログラマー不足が年齢よりも即戦力のキャリアを重視する企業需要も影響しています。

転職には時代の背景や本人年齢や転職チャンス年齢とタイミングがあると言えます

営業職

営業職はいつの時代にも重要はあります

営業の仕事職種はスキルを磨けば、転職求人年齢に制限関係なく採用されます

転職給料年齢も歩合給が含まれることも多いので本人次第となります

転職成功年齢も具体的成果とスキル次第です

ドライバー

バス運転手や佐川急便ヤマト運輸トラック運転手からタクシー運転手・タクシー乗務員の転職難易度年齢は

具体的な経験が必要な職種です

人員不足がある限り転職ギリギリ年齢まで採用される可能性がある業界です

公務員

都庁/税務署/外務省/外交官/学芸員/役所/市役所地方公務員/地方上級/警視庁/警察/県庁/公務員高卒/公務員女性/公務員への転職は年齢制限が明確なので、いつの時代も難関です

 

転職年齢にこだわるより

自分のスキルと方向性をしっかり見極める必要があります

若い20代の転職なら転職ポテンシャルというわけで

将来性を買ってくれる企業もあります

30代になると転職の限界年齢など

転職最適年齢や転職最後年齢だけでなく

転職最終面接年齢とか

転職正社員女性年齢と転職正社員年齢などの

発想をではなく

何ができるか?

具体的なスキルが転職先企業で貢献できるか?が重要なのです