転職決断の要素は
価値観や人間関係とか年収から会社の将来性まで
多種多様ですが・・・

転職決断の根源は何なんでしょうか?

よく巷でいわれるフッと出来心で転職した?

以外に多い転職理由の代表各でもあります

悪く言えば、よく考えないで魔が

差した

よく言えば、人間の祖先から受け継いだ判断能力を信じた?

つまり
何気なく感情で判断していることの方が
当たっていることが多い経験則から
転職することです

いくら転職理由をロジカルに詰めたところで
体裁はよいのですが
自分では納得できないことが多いのも事実です

例えば
不安があるが
違和感がない判断基準は
間違っていないという経験則があります

不安感というのは
なじみのない未知の世界に対する
本能的な脳作用であり
価値観のギャップから発生する
違和感とは異なります

一方
馴染めない価値観から発生する
違和感は
本能的拒否感覚が根底にあります

相性の悪い人間関係などは
直観的に判断されている可能性があります
わずか3秒で好き嫌いの判断をする脳は
直観的に価値観の違いを
判断すると言えます

価値観の違いのギャップの修復は
限界があります

直観的に
良い印象の判断は
理屈では説明が困難ですが
後悔することが少ないことも事実です

人生のターニングポイントである
転職決断は理屈では説明できません

自身の価値観が決めることなのでしょう

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1