エンジニアの仕事探し!
エンジニアとして転職する際に気をつけたいこと

現在の技術は日進月歩、このような状況ではエンジニアの方にとって、向かい風な状況です。

というのも、自分の能力を高めていかなければ自分の技術力があっという間に時代遅れになり、
結果的に本来ならばもっともらえるはずの年収がもらえない、という状況になる可能性すらあるからです。

全ての人が高収入を得られるわけではありませんから、
同一社に留まって安定収入をを目指すサラリーマン化という道もありますが、
一番駄目なのは中途半端に仕事をしていくことです。

エンジニアに関して言えば、年齢が高くなればなるほど、仕事は減っていく傾向が強いだけに、
ある程度の年齢に達したらで今後の人生設計を作っていく必要があります。

特にIT系ではエンジニア35歳定年説という嘘か本当かわからない話が通説として語られているような状況です。

it 転職は、ネットワークエンジニアNEやプログラマーとシステムエンジニア、
それにシステムを構築するプロジェクトマネージャーなどの転職を意味します

se 転職には社内se転職や社内se求人もあります

se 転職(システムエンジニア転職)は、システムやプログラム設計の専門家なので

若い頭が必要な場面もあるでしょうが、システム構築は経験も要求されるため

35歳定年説は、業界外の横やり的な偏見です

IT業界に精通していれば

ソフトウェアエンジニアリングから情報処理や情報科学だけでなく

経営知識に基ずくIT関連投資の予算査定から

最高経営責任者CEO・企業役員クラスとのコミュニケーションや

交渉能力など企業の最高レベル能力スキルが要求される

CIO(chief information officer)の必要性が

it 転職やse 転職の背景に存在しているのです

CIOという情報システム部門の最高責任者の位置づけが

監査的チェック機能まで持たせる必要性まで強調され

企業情報の漏洩を防ぐ意味まで内包する職務を

企業が求めている人材像にあることも
シッカリと理解する必要があります

実際に日本では
情報担当取締役や情報担当理事があるので
政府CIO法の存在意味も理解しておきましょう

また、エンジニアは一般に時間の拘束が長く
自分の時間が作りにくいことから転職活動も難しい現状があります。

ですので、転職支援サイトに登録してみるのが一番の近道になるでしょう。

フリーランスとして活動していくにしても、
どのような状況にも対応できるため、
登録しておいて損はないと思います。

こういった求人・転職支援サイトは
多種多様に存在しており、
自分の条件に応じて都度使い分けていけばよいものですので、
登録をお勧めします。

ほとんどが無料での登録が可能ですから、
気軽に登録していきましょう。

エンジニアに関してはこの先
まだまだ売り手市場です。

転職を考えているならば、
積極的に自分を売り込み、
技術力を吸い込んで自分を高めていくのにこしたことはありません。

将来設計をしっかり立てて、エンジニアとして独り立ちできるよう頑張ってください。

ITは技術職

当然問われるのが専門知識
スキルアップが時流に応じて要求され
何ができる?
プログラミング・詳細設計
顧客依頼内容を如何にシステム化するか?
相手の意図を的確にくみ取った設計
そのためには業務知識も身に付け
プロジェクト参加での上流工程の要件定義
とにかく
開発の全体把握能力を
転職時の職務経歴書にうまく盛り込む必要があります

メーカー向けなら
生産管理システム開発~担当工程や役割・規模など
プロジェクトトリーダーやプロジェクト要員の区別

求められる希望転職者像とは?
Web アプリケーション開発(Java Xml )なのか
サーバー設定から導入までの経験や知識・能力など

顧客満足度の高いいかなるスキルが生かせるのか?

担当工程によっては
自己PRにうまく取り入れる必要があります

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1