退職理由は必ず聞かれるポイント

 

退職理由 面接

前の会社を辞めた理由は何?
前の会社をなぜ辞めたの?

転職時の面接で必ず聞かれる定番の質問ですが・・・
一番微妙で難しい質問です

なぜなら退職理由の本音と建前が真逆だから・・・

間違っても言えない
上司や部下~経営者の悪口

解凍の基本スタンスは
前向きなスキルアップ!

職務経歴書や面接に
言ってはいけないのがウソ

そして余計なことも言う必要はないのが転職時の面談です

また前職の退職理由も
円満退職の為に
出来るだけ正当性のある退職理由を考える必要があります

退職すれば終わりですが
気持ちは
お世話になった感謝と
この先もこの会社を大切にしたい思いが
円満退職に結びつきます

転職した企業でスキルアップをしてやりたいことがある

ポイントはスキルアップを前面に出すのが無難!

その他退職理由には
寿退社や家庭の事情などもあり
病気退職も持病の悪化など個人的な理由も意外に多く
伝えるべき内容はハッキリ伝えましょう

実際に多い退職理由は
上司への不満
人間関係
仕事が合わない・好きでない職種
などが本音ですが
具体的には建て前を前面に出さないと
前職の会社で円満退職できないばかりか

転職先の会社からも内定合格してもらえない羽目になります

嘘と方便は日本企業の風土として慣習化された作法です
特に転職時には

本音と建て前を使い分けるビジネスマネーが重要なのです

それくらいの使い分けくらい心得えて当然という日本の企業文化なのです

ですから
行き過ぎても
空気を読めなくてもNGという事になります

転職は大人の対応で乗り切りましょう

難しいのは、それでも嘘はダメと、
肝に銘じましょう

要は、退職理由を前向きなスタンス
スキルアップで覆い隠すことです

この本音と建て前をうまく使い分けている転職者でさえ
スキルアップで高収入を狙うことが
本来のスキルアップ方法であることを理解していないのです

面接で退職理由の質問が来た!

それでも退職理由には
前職への不満が含まれています

結局、退職理由である不満内容は、転職するだけの説得力があるか否か?
転職先企業で解消できる内容なのか?

同じ繰り返しだろう!

と思われれば面接はそこでダウン!

労働条件・労務環境の不満は
説得力に欠ける転職理由の代表です

スキルアップとやりたいことができる企業文化とかの話題に早く移行するように

退職理由は、短く簡潔に述べることです

余計なことを話すと、
突っ込まれるのが落ちでしょう

退職理由の質問に対してどう答える?

前職を辞めた理由を問われれば
消極的な後ろ向きの回答は禁物です

前向きな積極性を内包した回答が元気をくれます
その意味で持スキルアップに絡めた積極性を強調しておきましょう

まして上司とのトラブルが原因のように
本人の人間性や資質を疑いような出来事を話すと
その真実を人事課が前職の会社に問い合わせることも
実際には行われています

したがって転職成功を目指すなら
明るく積極的な転職理由をサラリと語るのが得策です

例えば会社倒産が理由の場合なら
上司から若い君は早く転職した方がよいと
アドバイスをいただき
かねてよりスキルを活かせる魅力を感じていた
業界で新たな挑戦をしたい、など

退職理由は
採用側企業が神経を研ぎ澄まして
聞き耳を立てる質問の必須項目ですから
事前の十二分の準備が望まれます

新規にやりたいことが見つかった、とか
これからはこの業種の○○職種に魅力があるのでやりたい
またこの流れは
職務経歴書記載内容とつながっている必要があるので
面接前に
自分の主張すべきポリシーを確立しておきましょう

退職した理由は何ですか?

転職理由は必ず聞かれる定番メニューです
十分な情報収集と準備が必要です

面接担当者はなぜそんなことを聞くのですか?
退職理由を尋ねる本音とは?
建て前は
キャリアアップ
ステップアップ
が定番です
如何にうまく自分の転職理由に一致できるか?
ロジック構成も大切です