転職時の面接で必ず聞かれる転職 志望動機は何ですか?

転職 志望動機 面接

回答への組み立ては
自分の目指すイノベーションや志とする方向性と
求人企業の特徴や事業内容との
結び付きを強調することです

その根拠は
自分のやりたいことの為に
資格取得など準備努力をしたエピソードなど
具体的根拠を実証する

志望企業の事業内容と
自分持つスキルを実証できる体験とを結び付け
入社後に
貢献できる熱意と意欲と実証力を
手短にまとめて伝えることです

自分の興味や経験のない職種に
面接の都度、
無理に合わせると説得力がなくなります

あくまで自分がやりたいことができる求人募集企業に
ターゲットを充てる選択が成功の法則です

志望動機 意味をしっかり考え
面接で志望動機を聞かれても
志望動機が未経験であれ
志望動機 事務でも志望動機 製造業でも
志望動機 看護師でもどう書けばいいのか?
悩みは同じです

志望動機が認められるのは

採用担当者に
記載された転職者なりの志望動機があったから
当社の応募してきた!
と思ってもらえる書き方です

転職理由と志望動機から
募集企業の特徴が関連している必要があります

注意点は、
いずれのケースでもネガティブな表現はNG

募集企業の社風や文化に馴染める
違和感のない考え方や相性・性格の持ち味
を感じてもらうことが大切です

したがって、面接の事前調査段階でも
会社の企業理念や信条スタンスを理解し
自分と照らし合わせることも大切です

根本的な考え方やスタンスの
ミスマッチが長期的には致命傷に発展します

応募企業にとってバランス的に
平均像以上のふさわしいスキルと資質があればよし、
無ければ必要なし
となります

職務経歴書で確保されている
志望動機欄は限られています

採用側の人事担当者も
多くの応募書類を短時間で処理しなければなりません

一枚の職務経歴書に費やせる時間はわずか数十秒のみ

簡潔に記載された内容で訴求力をつける

一目見れば、魅力あり
と感じれる内容にする必要があります

企業の魅力を具体的に表現しなければ、
素通りされるだけなのです

前職でどんな働きをしたのか?
それを通じて
募集企業で何ができるのか?
どのようなビジネスマンを目指し貢献できるか?

  1. 経歴そして転職理由
  2. 応募企業の魅力
  3. 採用後、何ができるか?

項目一つ一つを短く具体的にまとめ
押さえたポイントを簡潔に説明することが重要です

応募した理由を聞かれたら・・・

志望動機を聞かれて
相手が納得しなければ意味がありません

志望動機のポイントを理解し
より具体的な実績数値を盛り込むことが肝要です

なんとなくいいんじゃない?
そんな意味合いに受け取られるのは
抽象的過ぎ
具体的な内容がないからです

会社の魅力を研究調査し
その会社のウリの魅力を志望理由にする

サービスに魅力を感じた
会社事業に魅力を感じた

もっと言えば
経営方針にひかれた

等いろいろありますが
企業戦術のポイントを1つ
企業戦力の特徴を1つ入れるとバランスよく聞こえます

企業風土や事業展開面を知ることです

自分で直接調べた魅力は説得力が増します

出来るだけ現場を見ておくことです
そうすれば話も具体性を帯びてきます

自分の得意分野を
一方的に説明する怠い会話はNG

入社すれば何をしたいの?

自分のスキルで出来る仕事内容を
具体的に答えると
聞く方に安心感が伝わります

スキルアップしてやりたいことを具体的に述べる方が
どの方向に向いた応募者なのか?
判断材料になります

どうしてこの職種(仕事)を選択したの?

あこがれや熱意・趣味を語っても
底が浅いとしか映りません

自分の持っているスキル・知識・技術から経験や成功例と
如何に関連つけて言えるか?

自分の目的とするスキルアップにリンクした職種なら
転職理由や転職動機に何ら違和感はありません

唐突に
たんに興味があるから・・・
では、あっそう!で終わってしまうのです

職種に応募した理由付けは
憧れ 興味 趣味 チャレンジ精神など、一番低レベルな訴求方法

2番目に
過去の経験体験を生かしたい

一番説得力があるのは
具体的な資格名を上げ
自分の進路と一致をアピールすれば
、相手も安易に否定できないのです

当社の志望動機は何ですか?

応募者にとって必要のない会社は
会社にとっても必要のない人材です

なぜこの会社が必要なのか?
ココで何をやりたいのか?
この企業でないと自分のやりたいことができないなど

具体的な意思と熱意訴求が必要です

会社の下調べが充実していると
熱心さと本気度がプラス評価になります

単に抽象的な誉め言葉は底の浅さを露呈しかねません

面接担当官は応募者の本気度が知りたいのです
何ができやりたいのか?
実現可能性と貢献度を模索します

企業の求人者像と
自己PRを如何に接近させられるか?
ココが勝負どころです

なぜどうして当社を選んだのか?
その問い掛けがまさに
自分と会社の求人者像との一致度なのです

自他識別力を構成できるロジックで
訴えないと差別化できません

応募企業の内部情報まで
徹底的に調べ上げ
自分の得意とする具体的なスキルのアピール
と一致させる必要があります

面接担当者は
別に同業者ならどこでもいいんだろ!
キャリアプランを主体的に描けるのか?
成長力と持続力でもって実現の可能性があるのか?

応募者は自己主張と自分の立場で物事を判断しますが
企業の面接官は
企業の貢献度最優先に反映します
サラリーマン面接官は
採用にリスクを負うことはしないのです

面接担当者には
キャリアアプしたい意思
志望動機を具体的になるほどと思える内容で伝える
アピールできる職務経験と経験値や
将来像まで描ける具体的志望理由
この会社なら実現できる可能性
長く勤めたい意思表示も好印象になります
仕事に対する熱意と具体的な向上心が将来像につながること

企業に貢献している
応募者の将来像を描いてもらう必要があるのです

御社のお役に立ちたいと願っております
だけでは
具体性に欠けるのです
万が一でも役立たない人材を
採用したくないからです

また通勤時間の近さだけでは
説得力に欠けます
募集企業を選んだ具体的理由がメインです

当該企業への志望動機が希薄だと
どこでもいい人なんだ、となります

どうでもいい人にならないように
具体的な転職応募動機を
具体的にロジカルに説明することが不可欠です

自分だけがわかっていても
面接官への強い説得力にはなりません
如何に手短に短時間で訴求できるか?
具体的エピソードが最も
スキルや経験値を描きやすいのです

チャレンジ精神を誇張し過ぎると
わが社は君の人生の踏み台なのか?
ともとらえかねません
チャレンジ精神は誰のためのものか?
切れる課題は諸刃の剣です

ほめ過ぎは疑心暗鬼のもと
さらりと流す

自分の欠点など余計なことは問われない限り
あえて言う必要はありません

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1