転職 面接 質問に対しては
具体的にエピソードを交え行動したときの
考え方や主体性を短くまとめる

前職で貢献した実績は何ですか?

質問で確かめられることは

  1. 積極的な行動力
  2. 今後の成長性
  3. 貢献度の見込み
  4. 仕事への取り組み姿勢

などです

主体的に仕事をしてきたこと
工夫や感性・気づきが成果につながったアピールなど

面接担当者が仕事内容・詳細が分かるように具体的に説明すると良いでしょう
貢献した仕事関連でもこの先成長が見込めるとプラス評価につながります

会社での人間関係は?

面接官の知りたいことは

退職理由やリストラの原因は本人になかったのか?
退職のいいわけではないのか?
本人の力量不足がすべてなのか?
本当にやりたいことがあったのか?
理不尽な扱いに恨みや怨恨はないか?
パワハラ・セクハラで事実上の解雇ではなかったのか?
解雇されるより自主退職を選んだのか?

愚痴不満を語るより

前職に対する感謝の気持ち
社内の人間関係の良さ
やりたいことへの前向きな気持ち
熱意のモチベーションと持続力
にシフトした具体策への回答が望まれます

上司との人間関係

上司との人間関係での退職理由はベスト3常連です

上司との人間関係が原因が退職とは言わない方が賢明です
仕事に対する熱意や
同僚や部下とのいい人間関係をさりげなくアピールしましょう

また
セクハラ上司が退職原因と話しても怨恨が残っている思われる可能性もあります

やりたいことがやらせてもらえない?

上司への提案が通らない背景に
信頼度の欠如や低さはなかったのか?

やりたいことができない!
それだけで面接担当者は納得できません
当社に入社して
やりたいことだけするの?

やはり経営陣や上司を立てた退職理由が
好ましいのです

前向きな姿勢と
わがままとは異なるのです