求人企業が採用したい人
企業が描いている求人像に一致する人

採用したい人物像

採用したい人材

求めれれている求職者像を知ることが第一ですが
求められている必須能力は複数あり
全天候型のスキル所持者ならすでにスカウトされているでしょう

足りない能力をどう補てんするか?
求人企業が求めているスキルや資質・能力がない場合は
自分で能力開発する計画があり
既に実行中であることを実証する方法が一番の説得力であり
評価もより上昇するというものです

企業面接で知りたいのは
能力・資質・人間性・イノベーション力・行動力とともに
入社後のモチベーションも大きな判断材料です

自分のやりたい業種なり職種であり
その思いを実現するための努力を具体的に実証することが一番功を奏します
具体的に実証できなければ無意味です

入社後もモチベーション高く
ソリューション人材として貢献だが高いだろうと感じてもらうことが
内定通知への直行便なのです

転職失敗しない人材とは
採用したい人になること

企業はいい人材以外要らないのです

過去にどんな経験や実績があっても
自社での活躍を期待できない人は採用しない

スキルだけにポイントを絞って
面接に挑んでも
求人企業について何ら調査や研究もせず

  • いい会社だから応募しました
  • 職種に興味があったのでエントリーしました
  • 給与や労務環境がよさそうなのでぜひ入社したいです

こんなうわべだけの勝手な人は必要ないと判断されます

本来自分が磨き上げてきたスキルや
目標達成の手段としての資格などの延長線上に
求人企業への応募があれば
浮ついた素晴らしい待遇が期待でそうな理由を
並びたてることはないはずです

スキルだけで採用されるか?

一歩切り込めば
転職者のスキルは大きな武器ですが
そのスキルを
入社後にどのように生かすのか?
この先のロジックがなければ
絵に描いた餅なのです

そこで必要とされるソリューション力
コミュニケーション力やマネジメント能力を伴った
業務スキルがなければ
仕事での成果を出せないと判断されます

今話題になっているイノベーション人材と
ココでいうイノベーション力がなければ
大手企業での中途採用は難しいと言えます

入社後どの程度活躍で来る人材なのか?
イノベーション力を発揮して
柔軟性のある頭のキレをバネにして
仕事への取組み
つまりモチベーションを維持しつつ
意欲的なキャリアアップを目指せるか?

円滑な人間関係を構築し
クリエイティビティな発想で
チームマネジメントができる統率力

結局
組織を動かせるほどのイノベーション力が
転職者に求められているのです

大企業であっても
いい人材があれば採用したいと考えており
基準に達っする人材がいなければ
募集をかけても採用0もあるのです

いい人材と一点追求型

企業がいい人材があればいつでも採用したいという本音があり

一点追求型の人間も5~10%採用したい意向の企業もある

一点追求型人間とは、とにかく中途半端じゃないのめりこみ経験がある人
長期間熱狂的につい追及してきた経験

大企業就職だけが目的の高学歴人材を集めても
企業業績が向上しない現実から
ソリューション力に特化した人材採用法と言えます

役立たない中途半端な人間はいらない
自社にとって本当に必要な人材か?

組織を根底から動かせるような秘めたる
イノベーション力が人材採用の大きなポイントになっています

イノベーションとイノベーション力とは?

イノベーションは革新的な発想などとか新機軸に使われる新しい切り口~捉え方の意味。
イノベーション人材とは、小さなことで大きな変革を起こすような
画期的な企業発展をもたらす可能性を秘めた多様性あるマネジメントができる人材を採用の判断基準にするバラエティ人材のこと。

一点追求型人間の採用はまさに
イノベーション力に期待したイノベーション人材なのです。

人口減少国日本での採用も含めた企業危機感の表れと言えます。

人口減少の時代でも
企業規模を維持するためのイノベーション的発想ですが
時流と人口構成に見合った企業規模への
イノベーションが求めれれていることを忘れてはなりません

採用される人のソリューション力とは何?

ビジネスマンの思考力や行動力をもってする職務達成能力。
企業の根幹をなす企業戦術を実行する戦力的思考と、
イノベーション力による組織力による成果達成力などを意味します

企業戦力を考案し、組織を動かして実践できる能力と言えます

単に経験と勘による実行力をスキルと規定するのではなく、
企業の方向性まで模索し、あるべき戦力を立て、
実行する思考的回路を重視した
スキルと資質が要求されているわけです。

採用担当者がソリュション力を見極めている背景には
採用後に活躍できる人材であるか❓という判断基準なのです

成果達成力と言えば簡単ですが
そのバックに脈々と流れるイノベーション力を駆使した
業績達成能力がないと企業自体も生き残れない危機感があるからでしょう

企業が採用したい人は
ソリュション力に優れている人なのです

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1