警備員の転職先は?
警備員 転職 楽ではありません
実際、新卒の就職で警備会社に就職したものの
思っている以上にきつい仕事だから
3~2年で転職したい警備員は多いです
夏の炎天下に日陰すらない交通量の多い職場で
まる一日立ち仕事はかなりハード!
トイレもままならぬ状況だから
水も飲みすぎるとトイレに困る
半袖より長袖が疲れないが熱いこと限りなし

真夏より真冬の方がまだましっていうから相当なもの

噂では、警備員って
クーラーの利いた部屋で一日座って画面見ているだけって聞いてたけど・・・
どうなってんの?ってボヤいても後の祭り

おまけに昇給なんて資格取らないと何時になっても上がらない仕組みだ

どんな仕事でも向き不向きがあるから
一生やる気がないなら

早く見切りをつけて
若い20代のうちに転職考えた方が賢明だろう

新卒なら出身校によってランク付けもあるが
いったん社会に出りゃ学歴なんてあてにならない

高卒 警備員 転職だろうが
大卒 警備員 転職だろうが
みんな一緒だ

でも、声の掛かる警備員は限られている

別に人間関係がいい人間関係より

現場の選好みしないタイプに仕事の声がかかる

若くても

あの会社は嫌だ

こっちの現場も嫌だ

そういうタイプより

60代過ぎても

元気でどこででも愛想よく張り付いてくれる警備員が好まれる世界だ

警備員の転職ならココ ↓  ↓  ↓
リクルートエージェント

警備員 転職 不利

警備員 転職 不利で不利なのはどんな事?

もちろん警備員 転職先によるが
同じサービス業なら大差はないだろう

IT関連やSEプログラマーや介護職などの専門職なら別だが
警備員という専門職だから不利とか有利とか
あんまり考える必要はない

問題なのは年齢
20代後半ぐらいなら全く問題なし

30代超えると1歳ずつ不利になっていくと考えれば間違いない

もっとも年寄りは若者より転職しにくいのは
全ての業界業種で共通のことだから
取り立てて考えることもないだろう

求人募集をしている会社なら
警備員 転職先としてすべてがOKだという事ですね

営業や企画・管理・事務職なら問題ない
販売・フード・アミューズメントからホテルやブライダル関連
医療・福祉・保育
金融から不動産・建築・土木
ドラーバー・機械・電子・携帯ショップ
どれも転職に適しています
これもほんの一部だから

転職エージェントに登録して
いい仕事を紹介してもらいましょう

ハローワークに行くのもありだけど
自分で全部調べて手配するの大変だから

大手転職エージェントなら
担当のコンサルが非公開求人情報から
収入の良い勤務条件も良好な労働環境の求人情報をたくさん探して提示してくれます

No.1の転職エージェント
リクルートエージェント
総合業界シェアNo.1
➡求人案件数は圧倒的に多く高収入転職に有利!
20代~30代のキャリアアップ実現に最適
転職ノウハウやツールも多く
職務経歴書添削や面接アドバイスも充実

(※必ず転職する必要はありません)書類提出はエージェントの担当が添削してくれるから
転職の動機や理由
警備員 転職回数など相談しながら提出書類の作成すれば間違いないなんといっても20代 警備員 転職の方が
30歳 転職 警備員40代 警備員 転職より年齢的に有利というだけで
間違っても警備員 転職 楽したいとか警備員 転職 給料いくら増えるって
面談では言わない方がいい警備員 転職 評判は人それぞれだから警備員 転職 厳しいのどと勝手に思いこまない方がいいだろう企業面接で聞かれること面接で人事担当者から必ず聞かれることがありますせっかく警備員やっているのにどうして辞めるの?この質問に対する回答が合否での重要ポイントになります楽だと思ったのにしんどい仕事だったから嫌になった!こんな回答では即不採用
30歳 転職 警備員でも
40代 警備員 転職でも
50歳 転職 警備員の中高年でも同じ
現職を舐めて仕事をしてこなかった転職者を採用する企業はありません当社で採用しても
直ぐに嫌になって熱意のない不良社員になりかねないそう思われないように
警備員の仕事に如何にまじめに取り組んだか?
どのような具体的な提案して警備会社に貢献してきたか?
警備員として磨き上げた具体的なスキルを、採用される企業でいかに発揮して貢献できるか?具体的な経験と採用される転職者像との関連性をしっかりつかみ
自分ならこんなことで貢献できる!
それくらいのことは答えないとダメですね・・そのためには求人募集企業に応募するなら
その会社の内容を徹底的に調べ上げ
自分の知識として蓄えてから
面接に挑まねばなりません如何ですか?
警備だから転職先がない?
スキルが身につかなかったから不利だ?転職はそんな視点ではなく
転職者自身が現職にどこまで真摯に取り組んできたか?
その軌跡が問われ
延長線上に転職先企業が存在するのです
だからキャリアアップを目指す転職者が採用される率が高いのですつまり転職者を採用する企業は
人材が不足している職種があるのです企業が何を求めて求人を依頼しているのか?
自分の希望や方向と全く異なる豪種職種なら転職失敗の可能性が高まりますそのためにも転職エージェントを活用し
就職者の方向と
求人企業が求める転職者像と
ミスマッチしないようにすることが大切なのです

求人探しはこれでよいの?

  • 転職サイトを探す
  • フリーペーパーを読み漁る
  • ハローワークでPC検索する

運のよい人はいい求人に当たります

でも3つともよく見れば自分がいな働いているタイプの企業ばかり・・・

そんなことがよく起こるのです

円職者の多い企業は

次々と退職者の穴埋めをする必要があるので

求人に費用の掛からない安価・もしくは無料の求人紹介媒体を頻繁に利用する傾向があります

本気でいい人材を費用が掛かってもいいから採用したい?

業績のいい優良企業は

転職エージェントの非公開求人にあると言われる所以です

転職エージェントなら専任のキャリアコンサルタントが

100,000件以上の非公開優良案件から

求職者に最適な条件の求人募集企業を見つけ出し

次々と紹介してくれます

さらに募集企業の内部情報までしっかりと教えてくれます

転職エージェントは単に紹介して手数料を取るのではなく

入社後社員として一定期間勤務する条件で手数料を取っています

 

そこが単に人材を紹介するペーパーに募集情報を掲載するだけで利益を稼いでいる

転職サイトとの大きな違いがあるのです

 

紹介企業への入社後の定着まで確認するとなると

求人を紹介する転職エージェントからしても

一番マッチしそうな満足度の高い優良企業を紹介しないと

今後の信頼関係にも悪営業を及ぼしかねません

 

この辺は求職者にとってもメリットがある企業紹介方法だと言えます

ミスマッチが起こらないように

転職エージェントのキャリアアドバイザーと緻密な打ち合わせと企業情報を入手して

ベストマッチと言える転職を成功させましょう