リクルートドクターズキャリア 医師求人|医師転職・医師募集

リクルートドクターズキャリアは実績30年超、日本で2番目に始めた信頼と実績のエージェント。

年収アップ/働きやすい環境/ゆとりある生活/子供との時間/

医師が重視する勤務条件

高収入/週4〜4.5日/クリニック勤務-当直無し/専門医、認定医取得

リクルートドクターズキャリアなら道府県名、診療科目から全国の病院・クリニックを検索し、施設の基本的な情報から施設基準や医療機器といった働く上で必要な詳細情報が調査可能です!

内科系一般内科・総合内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/血液内科・腫瘍内科/心療内科/神経内科/内分泌内科・糖尿病内科・代謝内科/腎臓内科/老人内科/訪問診療

外科系一般外科/消化器外科・肛門外科・肝胆膵外科/心臓血管外科/呼吸器外科・胸部外科/脳神経外科/整形外科/形成外科/乳腺外科・内分泌外科・甲状腺外科/泌尿器科/婦人科・産婦人科

他科目リハビリテーション科/小児科・新生児科・小児外科/精神科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/放射線科/人工透析/麻酔科/救命救急/総合診療科/緩和ケア/美容外科・美容皮膚科/人間ドック・健診/病理科・病理診断科・臨床検査科

その他産業医/老健施設など

特徴➡当直なし/オンコール無し/高収入(2,000万以上)/シニアレジデント・後期臨床研修医/専門医/定年後再雇用あり

業務内容➡外来/病棟管理/透析管理/人間ドック・健診業務あり/検診/往診/治験/内視鏡検査/コンタクト診療

ポジション➡社医/製薬医/施設長/院長候補

施設形態➡一般病院/診療所・クリニック/大学病院/療養型/特別養護老人ホーム/ペインクリニック/健診センター/企業・会社/生命保険会社/製薬企業/保健所/刑務所/発達医療センター/地域医療センター

リクルートドクターズキャリア

医師転職 ランキング

医師転職 ランキング

医師転職サイトを時間をかけて調べる価値はありますか?

目的は医師が転職する優良クリニックや医療機関情報

医師転職サイト・おすすめランキング100個 調べても

行きつく到達地点は ↓ ココ

医師転職 ランキングNo.1

エムスリーキャリアエージェントがダントツで実績と情報量と質でもNo.1

相談も含め、入職に至っても

費用が発生することはありません

医師会員が約25万人のエムスリーグループで安心

求人例

    • 好待遇の公務員!医局人事からの影響なしの新しい環境へ
    • 高給与訪問診療で2,000万円が目標
    • 産業医や製薬会社臨床医から転換に!
各診療科目だけでなくエリア特性と病院内部事情にも精通

提携コンサルタントによる新着最新の非公開求人情報提供!

もちろん面倒な交渉も全て代行!

エムスリーはココ ↓

エムスリーキャリアエージェント

募集は

一般内科/消化器内科/循環器内科/呼吸器内科/血液内科/心療内科/神経内科/内分泌内科/老人内科/一般外科/消化器外科/心臓外科/呼吸器外科/脳神経外科/整形外科/形成外科/リハビリテーション科 /小児科/産婦人科/婦人科/精神科/眼科/耳鼻咽喉科/皮膚科/泌尿器科/放射線科/人工透析/麻酔科/美容外科/人間ドック・検診/その他

地域は

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県/海外

求人 募集は

常勤医師募集

非常勤医師募集

スポット医師募集

常勤医師求人情報は非公開求人で決まる

常勤医師求人情報例は非公開求人から

勤務医年収高額求人転職で医者年収アップ!

転職したい医師は50%以上とかなり多いのが現実

医師転職失敗?転職失敗を恐れるのは医師も会社員も同じだ!

医師は高収入だけに余計に転職失敗できない!

収入ダウンで嫁が怖いのも同じだ!

転職失敗しない医師転職の秘訣コツくらいは知らないと損する確率高い!

一番いけないのが知り合いからの紹介で転職した場合だ

紹介人は自分が紹介した病院の良いことしか絶対言わない!

おまけに人間関係が絡んでいるから貯めたくても辞められないジレンマが発生!

同僚の紹介と違い、先輩や恩師が絡んでくれば完全アウト

会社員の転職なら転職エージェントを複数利用して、転職先企業の内部情報まで入手していることが珍しくない!

ところが医者の転職は勤務先病院を最初から1つだけに絞り込む特徴がある

他の病院を比較検討もせず、美辞麗句だけを頼りに転職する医師が普通の世界

転職先を1病院だけにすると比較検討できないので、いい面・メリットだけが脳裏に焼き付いてしまいます

病院に勤務して、想像を絶する劣悪な環境や勤務条件で嫌になるパターンも珍しくない

でも先輩や恩師が口利きした病院だから・・・・どうにもならない!

病院選びは必ず複数同時進行で比較検討が当たり前です

医療現場の体制や環境情報も先に入手しておくべきです!

オペ実績の魅力で入職してもオペは1人の医師だけで他は一切かかわれない

勤務条件だけはよかったが、入職後の人間関係が悪すぎ再転職する事例もあります

医師が上司の場合、考え方の相違が深い溝を生みかねません!

病院内部の風土や文化情報は紹介会社以外から入手できないタイプの情報だと言えます

医師転職おすすめ評判の良い年収アップ高額求人

どこの業界業種でもトップスリーに上げられる企業は存在します

医師が登録すべき大手転職エージェント

医師転職エージェントでトップ3はココ!

医師転職市場占有率が高い大手の医師特化型の転職エージェントです

    1. エムスリーキャリアエージェント 
医師求人情報・転職支援エムスリーキャリアエージェントは 医師会員約25万人のm3.comグループ 転職希望医師の登録実績は5年連続No.1で安心感も最高
    1. Dr.転職なび
転職市場占有率が高い大手の医師特化型の転職エージェント 全国の好条件・高額な常勤/非常勤情報が多数!

転職 失敗

転職は転職 失敗する以前が重要

転職 失敗 してから気付き

それって遅すぎませんか?

転職 失敗 理由

情報不足/高収入に煽られた/転職のための転職/自己市場価値の過大評価/方向性がない/

転職してからわかった転職 失敗理由は?

収入減/人間関係/仕事が激務/公休取得できない/ブラック企業/

せめてブラック企業なのか?

その仕事の勤務条件を確認しましたか?

収入の具体的計算根拠、聞いてないんですか?

いい人ほどハマりやすい企業採用担当者の弁舌?

企業採用担当者って説得力がスキルの元営業職が多いとか?

信じられないことが起こるのが転職怖さ

信じられないほど好条件 高収入の転職成功に満足した成功者の秘訣コツも情報次第?

ビジネスの世界では特に情報不足は致命傷になりかねません

転職失敗と転職成功の転職サイトランキング10個の理由とは?

転職成功10個の秘訣コツのポイントは?

  1. 辞表は転職内定承諾後に提出
  2. 業種・職種を重視の選択
  3. 企業内部情報まで徹底調査
  4. やりたい仕事である事
  5. 目的はキャリアアップ
  6. 高収入の転職
  7. 本気の転職
  8. 即戦力スキルで企業に貢献
  9. 本音と建て前を使い分け
  10. 転職エージェント同時期に複数登録

転職先を決めてから退職する

転職成功の鉄板は、転職先を決めてから退職すること!

退職してからの転職活動は長期化のリスク有!

最悪な転職失敗例は、先に辞表提出して離職してから転職活動を開始例に多い

転職先からの内定通知を確認してから退職届を出せば転職失敗ありえない?

失業保険の手続き後にしばらく骨休み・・・

そして重い腰が上がりにくい状況でハローワークへ通う方法はNG!

転職するなら本気ですること

大事なことは先に情報を集め

転職先を確保してから離職することが肝

転職活動は、公休や勤務時間外・アフターファイブに自宅からすること!

今の転職エージェントはネット利用で用は足ります

もちろんスマホOKです

勤務中にコソコソと転職活動をすることは絶対ダメ!

公休等を利用して堂々と自分の自由時間帯をフルに活用しましょう

本気の転職のために、うまく転職エージェントを活用すれば

転職に不可欠な情報を集められます

転職エージェントを活用しない選択は、自分にとって不利益です

転職エージェントは少なくとも大手2~3社に登録しないと大損します

大手転職エージェントは転職ノウハウの塊でもあるからです

そして、何より重要なことは

転職先企業を決定してから前職を辞めなければいけません

転職エージェントの特徴

エージェント複数同時登録なら

複数企業のベストチョイスが可能になる!

例えばこんなメリットも・・・

内定通知を同時期に受領できチャンスを逃さない?

本命企業の内定通知がまだ来ない!

一応確保したい内定通知企業も捨てがたい!

こんな悩みって贅沢ですが・・・でも現実

転職エージェントおすすめ評判ランキング

転職エージェントのおすすめで口コミや人気ランキングで評判のいい20代の職務経歴書書き方!

30代志望動機を面接で聞かれたらどう答える?

40代自己PRを各ポイントは?

転職希望者が知りたい転職成功の秘訣やコツを知らないと損するのが転職業界の競争社会です!

転職エージェントの活用や利用方法の比較は転職成功者の鉄板道です

転職が欧米並みに認められ

誰もが数回キャリアアップや高収入を目指して転職するのがあたりまえの現在!

売り手市場が加速している今が転職の最大のチャンスです

登録すべき大手転職サイト

優良 転職エージェントは転職ノウハウ企業求人内部情報力が驚異的

転職市場占有率が高い大手の転職サイト

  1. リクルートエージェント 
  2. DODA
  3. パソナキャリア
  4. JAC Recruitment
  5. リクナビNEXT

転職サイトおすすめは?

最適な転職企業探し成功の秘訣は、

優良企業の求人情報を知ること!

転職サイト転職エージェントが転職成功へ徹底サポート

  • 転職成功者が登録したNo.1の転職エージェント登録必須
  • 高収入キャリアアップ
  • やりがいのある仕事
  • 人間関係良好な職場環境
  • 残業なし土日休み
  • 生きがいで評価の高い企業
  • 福利厚生が充実
  • 労働条件がいい職場
転職エージェント登録おすすめランキング比較のポイントは何ですか?

30万人以上もの転職成功ノウハウを生かせるエージェント選び

非公開求人数137,000件から最適な企業を選べる

高収入だけでなく労働条件がいい企業選び

人気おすすめ転職エージェントの担当キャリアコンサルタントなら、慣れない転職の不安を吹き飛ばし、自信あふれるスッキリ感での就活が転職成功へ導いてくれます


転職サイト いくつ

転職サイトは何社くらい 掛け持ち がいい?

人気おすすめ転職エージェント評判ランキング比較活用のコツ同時登録

リクルートエージェント・DODA・パソナキャリア・JACリクルートメントから2~3社+リクナビNEXTに 同時登録し、

転職者本人が口コミレベルに勝る転職情報を入手・利用・活用ことが秘訣です

リアルタイムの優良企業の非公開求人情報の取得

転職プロの担当キャリアコンサルタントと良好な信頼できる関係を構築し

転職成功までのロードマップを描き

職務経歴書(レジュメ)・履歴書自己prなど必要書類の添削チェック

面接対策から模擬面接体験まで徹底支援サポート実施

応募企業の面談日程調整を経て

応募企業の求人者像を理解した面談実施!

内定合格通知も同時期なら選べる余裕もでき

第一希望企業への転職チャンスを逃しません

キャリアコンサルタントは、内定通知を受領すれば

企業と労働条件の確認改善と年収交渉をします

内定承諾までに労務契約内容を詰めておかないと転職失敗の原因にもなりかねません

ゆるぎない転職成功のを実現するために

前職への退社届までの流れを十分理解する必要があます

複数登録すべき転職エージェント

転職市場占有率上位から登録必須2~3社が奨励

転職エージェント同時期複数登録の転職成功率UP戦略がおすすめ!

No.1の転職エージェント 業界総合シェアNo.1
正社員の非公開求人情報137,000件は圧倒的に多く高収入転職に有利! 転職成功者は累計37万人越えの実績も20代~30代のキャリアアップ実現の最適期待値を語っています! 転職ノウハウやツールも多く、職務経歴書添削や面接アドバイスも充実
女性転職から大手上場企業やtoeic700外資系など、あらゆる転職希望に対応可能 ➡ リクルートエージェント
転職エージェント業界No.2 評判いい優良企業多い!満足度NO1
求人業界のインテリジェンスが運営 求人案件数は圧倒的に多くキャリアコンサルタントが充実!初めての転職者から第二新卒やIT関連ベンチャー・大手異業種転職にも安心な情報が満載で、評判いい企業網羅!
➡ DODA
サポート高品質の定番エージェント サポート高品質の定番
人材派遣パソナの運営で求人企業との太いパイプも魅力!未経験や異業種転職、資格を生かしたい転職、結婚や出産後の転職・女性キャリアにも評判の良い使いやすいエージェントです
➡ パソナキャリア
ハイキャリア向き質の高いエージェント 売上実績3位のエージェント外資系強い
質の高いハイキャリア案件に特化、キャリアアップに手慣れたハイレベルのキャリアコンサルタントが多い、 30~40代以降の高収入キャリアアップならココ
➡ JAC Recruitment

20代後半から30代前半まの転職成功が生涯収入アップに大きく寄与します

生涯年収が億単位で増加することも珍しくありません

人間関係や収入の悩みだけでなく

業績不振の会社で我慢の限界を知ることが大切なのです

優良企業へ転職できる方法テクニック秘訣と自己PR力を含めた

具体的なスキル育成が急務です

転職成功の鍵は小手先のテクニックではありません

全人格と熱意を面接官に伝えれる技術が

ぜひ採用したい衝動を引き起こすのです

応募者が具体的に磨き上げたスキルと資質の存在が基本であり

転職エージェントのキャリアアドバイザーがによる最適な優良企業採用情報の提示と

企業風土や文化の情報入手

さらに大手転職エージェントによる実績を踏まえた推薦状でのバックアップ

全てを転職先企業の採用担当者と数回に及ぶ面接での相性を逃さず

ミスマッチを最小限に防ぐ周到なロードマップで完成させるのです

転職は決して突発的な思いつきで発生する悲惨な行動であってはならないのです

生涯やりがいのある仕事で収入をアップさせ

生きがいのある人生をスタートできる最大のチャンスと捉えましょう

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1

労働条件の確認や年収交渉も大切なポイント

内定通知を手にしただけではすべて完了ではありません

この先内定受諾までに、年収や労務環境の再確認などから

年収交渉もする必要があります

新卒なら水準通りですが中途採用者は個別対応だからです

すべて会社にお任せで給料振込まで何も聞かず信頼だけもあり?

サービス残業を毎日いとわない方ならいいんですが・・・

他のエージェント経由の応募者は全員年収交渉は担当のキャリアアドバイザーが裏でコリゴリ実施しています

彼らには、担当の転職者が入社すれば年収の約30%が手数料として支払われます

大手転職エージェントなら年間約18,000人もの転職者を企業に送り込んでいます

一人年収1%UP交渉に成功すれば年間3億円近い利益が会社に入るから!

転職エージェントは転職者に代わって年収交渉まで致しますとありますが・・・

転職者にとっても翌年ベアゼロでも定期昇給分が上がれば損はしません

例えば歩合給などの計算方式は会社によって全く異なります

この際、就業規則も重要ですから、しっかり目を通す必要があります

現実の内定通知は面接後3日から1週間程度にキャリアアドバイザーを通して連絡が入ります

一か月程度日数を要するケースもあるので同時期に内定通知が来ないと内定承諾企業選定に支障をきたします

この辺りは担当キャリアアドバイザーの豊富な経験と知見が役立つでしょう

企業面接時に入社日を尋ねられても具体的な返答はしないで、現在勤務中の会社の残務整理を済ませる必要がある旨伝える必要があります

さらに内定通知後の厄介な交渉は労働契約です

退職理由のNo.1はこの労働条件にあります

人間関係と労働条件の悪化が退職を誘発しませんでしたか?

企業風土や独特の企業文化については、求人紹介の段階で企業内部情報を入手できているでしょうが、

企業面接で感じた企業文化と合わせてキャリアアドバイザーに再度掘り下げて確認しておく必要があります

労働契約をあいまいにして入社することは避けるべきなのです

業務内容だけでなく給与や労働時間と就業場所・休日・休暇等は文章で確認するのもキャリアアドバイザーの仕事です

有給休暇がキッチリと消化できるか?

試用期間については?

勤務時間と休息時間

給与体系は?

雇用形態は?毎年更新の嘱託契約なんて記載されていれば泣くに泣けませんよ!

賞与の計算方法と支払日は?

教育制度や職業訓練等に関すること

災害補償や労災規定

業務外の疾病扶助など

細かいようですが、普通の会社なら就業規則にこの程度は記載されていますね・・・

よくある口頭での伝達でなく、文書化した労働条件を頂くことです

こんなはずじゃなかった!と転職失敗の大きな原因になりかねません

簡単そうで意外と個別交渉ができにくいのが収入と労働条件です

これらをクリアーしないで入社すれば再転職候補者になりかねません

彼らの交渉の価値、キャリアアドバイザーの存在価値を感じられるポイントです

次の大きな壁は退職交渉です

キャリアアドバイザーは今の勤務している会社との交渉はできません

円満退社のアドバイスはできるので活用に役立ちます

トラブらないように、今まで勤務したことを誇りに思い感謝することが大切です

転職の秘訣は、採用企業とのきめ細かい労働契約のすり合わせに存在します

雇われる立場の転職者個人の立場での交渉はあまりにもギャップが大きすぎます

再就職までの空白期間0日の転職成功は目前なのですから・・・・

円満退職と次なるキャリアアップの転職のプロであるキャリアアドバイザーのアドバイスでうまく切り抜けましょう!

採用担当者とはこまめに連絡を取り円満退社の経過報告も忘れずにしましょう

コミュニケーションが大切です

初出勤時間を確認し10分早く出社してください

保険証・年金手帳・通勤時の交通費など必要書類の提出確認も忘れずに!

これとは真逆の転職方法は、先に退職を済ませたケースです

転職失敗の大きな要因は、退職から就職までの期間にあります

先に退職手続きを済ませ、再就職までの期間が長期化すれば、転職者にとって大きなマイナスになります

転職は歯車が狂う負のスパイラルに陥る可能性が高確率で出現します

転職を考えるなら、本気の転職熱意が転職成功に結びつきます

具体的な準備と最適で信頼できるキャリアアドバイザーを探すことから始めましょう

転職エージェンおすすめ★★★★★No.1

リクルートエージェント

  1. 求人質・量で転職エージェント業界1位
  2. 実績も業界トップ級で口コミ評判もトップレベル
  3. キャリアアップ・ハイキャリア案件豊富で高評価
  4. 内定率No.1の転職ノウハウは外せない
  5. 求人案件数は圧倒的に多い為、早期転職も可能
  6. 提案など総合満足度は高い
  7. キャリアアドバイザーのヒアリング力はさすが高い
  8. 面接日程調節などスケジューリングもスムーズ
  9. 運営は転職業界トップのリクルートキャリア
求人数 166,000件以上
非公開求人数 146,000件以上
企業アプローチ 入社したい大手企業へのアプローチ
業種・職種 営業・医薬・製薬・IT・電機など業界最大
転職者像 高収入・TOEIC700
多い利用者 20代・30代・40代
全国拠点 北海道、宮城、東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、福岡

DODA

  • 転職エージェント業界2位
  • 企業との強いリレーションで転職者満足度NO1
  • ハイキャリア案件も豊富
  • 年収査定・キャリアアップ診断・コラム配信など
  • 職務経歴書や面接サポートも良好
  • スカウト機能は企業からのスカウトサービス
  • 大卒で20代のキャリイアップ転職に強み
  • 業種・職種とも大企業から中小まで選べる
  • 女性にも人気
  • 求人業界のインテリジェンスが運営
求人数 166000人以上
非公開求人数 128,000件以上
会員数 326万人(※2016年5月時点)
スカウト数 106万人(※2016年5月時点)
業種・職種 通信業界 IT/通信系など全業種
相談 土日・夜間も可能
対象地域 全国展開

パソナキャリア

  • サポート高品質の定番エージェント
  • 人材派遣パソナの運営で求人企業とのパイプ太い
  • 取引実績企業は16,000社以上
  • 柔らかい接客対応は人事担当者も評価
  • CAは職種毎に専門特化でサポートもきめ細かい
  • 女性からの評価は高い
求人数 41,000件以上
非公開求人数 26,000件以上
推定収入UP 転職で67%が年収アップ
業種・職種 IT・通信/営業/メーカー/医療・福祉医療/マーケティング
転職者像 転職を効率的・優位に進めたい方
面接対策 模擬面接で企業対策
転職相談 客観的自己分析や市場価値など

JAC Recruitment

  • 年収が高い30代以上ならココ
  • キャリア向き質の高い案件に特化型のエージェント
  • グローバル案件も豊富
  • 外資系実績が多く好条件多い
求人数 約10,000件
非公開求人数 8,400件以上
強み グローバル・ハイキャリア層
求人特徴 外資系・専門職・マネジメント
転職者像 年収500~600万以上
利用年代 30代~40代
対象地域 全国展開

リクナビNEXT

  • 転職って思ったら今すぐ登録すべき転職サイト
  • 転職者8割が活用する転職サイトNo.1
  • 自身で求人探す公募モデルだから見てるだけOK!
  • 転職活動ダブル型の人には効率と選択肢にメリット
  • スカウト機能は企業からメールでオファーが来る可能性
  • 転職フェアー 7/29福岡・9/9大阪・10/7名古屋
  • 検索キーワード上位?50代/40代/在宅勤務/未経験/事務/英語/高卒/営業/アニメ/中国語/法律事務所/正社員/電気主任技術者/20代/ジャニーズ/不動産/宅建/土日休み/会計事務所/羽田空港/学校法人/声優/高収入/製造業/海外出張/韓国語/動物/接客業/行政書士/既卒/広告代理店/航空会社/アパレル/通関士 /大卒
今週の新着・更新 1798件
非公開求人数 80,000件以上
登録者数 670万人以上
業種・職種 全業種・職種
転職者像 全年齢対象20代~50代~
費用 無料
全国展開 全国展開

転職エージェント評判

転職エージェント評判と転職失敗しないノウハウ公開中!

人気おすすめ転職エージェント評判で分かる

転職失敗しない鉄板の法則が

天職へ納得の転職に役立ちます!

重要なのは転職エージェント比較より転職エージェントの評判や口コミと会社の良し悪し

やりたいことができる企業を探せるか!

転職する人が知りたい求人企業が求める転職者像の情報など

有益な企業情報を提供する転職エージェント比較!

転職で失敗しない秘訣とは?

転職成功者の職務経歴書の書き方から面談のコツ~

面接内定合格を得る考え方と自分のウリを活かし

転職成功に直結するエージェント選びができる

転職エージェント評判おすすめ人気ランキング比較情報です

転職エージェント登録しても必ず転職する必要はなく

転職しなければならないことはありません!

転職したいと思った時点で転職エージェントに登録すれば

転職活動が効率よく行え無駄がありません

最新の業界情報や必要な企業職種の情報がいち早く入手できます

転職エージェント利用メリット&デメリット

中堅以上企業の3~4割の求人企業が

転職エージェントを利用しています

求人企業が転職エージェントを利用する理由も気になりますね?

転職エージェントは、

求職者の利用は完全無料ですが、

企業サイドは成功報酬を支払います

その額は年収の約30%もの高額報酬です

応募企業の求人像に一致する質の高い求職者を求めているのです

キャリアアドバイザーは見込みのない無駄な案件は紹介しません

高額費用をかけて人材募集する企業は優良な可能性が高いとも言えます

求職者にとっても、無駄のない効率的なマッチングチャンスが訪れることになります

転職エージェントを利用するメリットとは?

  • 在職中に転職活動ができる
  • 転職先が決定してから退職するので失業がない
  • 自分でするより効率の良い転職活動ができる
  • 欲しい求人情報が直ぐ手に入る
  • 求人依頼企業の募集と採用条件情報の宝庫
  • 合否ラインがわかるので内定が実現するケースが多い
  • 自己棚卸などキャリアカウンセリングができる
  • 求人企業へ応募前の打診が可能だから無駄がない
  • 求人企業と求職者の希望条件ミスマッチを防げる
  • 業界の現状がわかり判断が正確になる
  • 職種限定の必要がない
  • 応募者の推薦状などで応募者の評価が上がる

  • 非公開求人で有利な条件が探せる
  • 企業はできる人材はいつでも確保したいため 繋がりがあるエージェント推薦があれば面接採用も可能!
  • 応募者が不可能な年収交渉が可能

転職エージェントを利用するデメリットとは?

  • エージェントのビジネスモデルは内定実現を最優先
  • エージェントは分業システムを採用
  • 良くも悪くも採用企業はエージェントの得意先
  • 担当CAの都合を押し付けられるケースもある
  • 担当キャリアアドバイザーの当たりはずれ

転職 失敗

失敗しない転職活動がわかれば転職で失敗することはありません

転職 失敗の多くの原因は自己分析ができてないことにあります

転職活動のスケジュールから業界や各企業研究も大切です

会社選びから転職応募まで、

求人情報の適格な収集

採用されやすい履歴書作成

職務経歴書の書き方も重要でしょう

成功者は職務経歴書のプロからアドバイスを得ています

転職成功ノウハウをうまく生かして

失敗しない転職をする転職活動をしましょう

失敗しない転職はエージェントの驚異的な活用が効率的です

求職者独自の情報収集力と

過去の会社勤務経験に頼った価値観での転活は

転職理由を再転職時まで寝かせるだけです

俺が転職失敗する訳ネ~だろう!と思うのは自由です

今の時代は、転職エージェント担当者が有能なら

採用大手企業の戦略的な採用人物像情報まで入手できます

賢い転職成功者は、最初から複数エージェントに登録しています

採用された企業との交渉まで残るのは1社1担当者だけです

複数エージェントに登録するのは

転職成果の効率と成果を出すためです

最初はキャリアエージェントが何たるかもしらないので

大手のエージェント会社に複数登録します

実際に求人応募から面談まで行い

内定合格に必要なスキルを体得します

複数のエージェントに登録することで

転職エージェントの違いから

紹介案件の質から担当者のレベルまで分かるようになります

優良な求人情報の絶対量と質が高い大手エージェントに

複数登録すれば最適な求人情報を

入手できる可能性が高くなるのです

転職求人を水面下で実施している

大手企業の案件は非公開情報で扱われます

優良な非公開求人情報は大手転職エージェントが把握しています

キャリアアドバイザーは

担当している転職希望者に提示紹介します

内定が決まりそうな質の高い応募者から優先紹介するでしょう

優良な求人情報が得られるチャンネルは増やす方が有利です

エージェント担当者との良き関係が構築できないと

転職の成否に直接響いてきます

複数エージェント登録により

最適なキャリアアドバイザーを獲得して

最高の転職活動につなげることができるのです

担当者の選別に必要な評価基準が求められます

①転職先が決まってから会社を辞めること!

求職活動は在職中にする。

転職成功者は在職中から着々と具体的な転職準備を進めています

実際に辞表を提出するのは、

転職先会社の内定が決定してからです

就活を会社に報告するより

秘密にすべき内容なのです

再就職が決まる日程予測はできません

希望や条件が高いほど決まりにくい可能性があります

問題はそれまでの生活費?

再就職がずれ込むほど

毎日の転職活動費や生活費がかさみます

転活軍資金が枯渇すれば即就活敗北に直結します

それに追い打ちをかけてくるのが租税公課でしょう

厚生年金から国民健康保険の変更で支払い一気に増加!

所得税は昨年の年収が基準です

いずれにせよ限られた期間の転職活動では

希望する優良企業への転職は至難の業です

出来ることなら在職中に転職を成功させましょう!

②転職は複数エージェントへの登録が有効

求人情報を絞り込むと転職失敗の原因になりかねません。

複数転職エージェントの登録で得られる 質の高い求人情報から転職先を選びましょう

転職目的を実現できそうな企業情報の入手が重要です

例えばTOEICスコア700以上なら迷いなく転職エージェントが有利など・・・

自己分析~自己棚卸で最適な転職を見つける作業も最低限必要です

仕事内容と収入をしっかり確認できない転職は好ましくないのです

収入や残業についてはキャリアエージェントに問い合わせ依頼して

転職先の会社の実態を把握しておく必要があります。

特に年収に関する疑問をハッキリできるのは転職エージェント以外にはありません

面談時点で給与のことを具体的に突っ込んで訪ねても

期待している明確な回答を得ることは困難なです

面接設定前にエージェント担当者に事前の根回しで回答を獲得しておけば問題はありません

むしろ収入や残業と公休、

それに昇給の実態などの質問はエージェントに依頼できる最も頼れるジャンルなのです

内定承諾前に必ず給与の表記内容をチェックしてください

応募企業を1社だけ絞り込んで力を集中しても

必ず採用されるわけではありません

有力企業の転職希望者の採用率は予想外に低いもの

複数の選択肢を準備して

粛々と条件に適した企業に応募しましょう

応募者は数ある企業から選択できますが

採用企業はもっと多くの応募者から選抜します

応募者は、与えられた面談チャンスでポイント獲得するために

面接慣れすることも大切な要素です

本命面談以前の企業面接を積極的に活用しましょう

何回も転職するのではなく

非公開の面接体験ですから

面接回数の是非は問題外です

むしろ加算され有利に働くでしょう

③転職活動前のフェイスブック見直し!

採用企業の担当者が見るフェイスブックはどうなっていますか?

職務履歴書や面談で成功しても

フェイスブックを見られて

こいつはダメだ!と思われたら終わり!

プロフィールをしっかり正しく記載

顔写真は清潔で好感度のものに差し替える

ネガティブな発言を繰り返さない

人の悪口は命取り

転職成功はエージェントと上手く付き会う事

転職の最初の段階はエージェント探し

最後の決め手は

よいエージェントと良好な関係

面接の心得や

履歴書の書き方

年収交渉の依頼

転職先企業の内部情報~

仕事内容から人間関係の風通しの良さなど

知りたい情報は全てエージェントが絡んでます

転職は今の時代システム化されています

システム化された転職エージェントが役立ちます

その手段が多くのエージェントに登録して

最適なキャリアエージェントを探すこと

つまり開発の仕事とある意味同じです

開発以上にレベルの高い作業がエージェント開発です

自分に最適なエージェントを見つけましょう

エージェント付き合いの為に転職するのではありません

転職活動期間中エージェント付き合いは

仕事の取り組み方を変えたくなるレベルの

貴重な情報が得られます

今すぐエージェントに登録して未来の扉を開くべきです

エージェント転職求人おすすめ人気ランキング

決定版はリクルートエージェント!

その理由は約37万人の転職成功者が

リクルートエージェント利用した実績があるからです

リクルートエージェント転職支援サービス&リクナビNEXT登録はココ

③転職する根本原因を具体的にまとめる!

人間関係に問題がある

上司と折り合いが悪い

残業が酷

年収の低さや公休が取れない

会社の将来性が不安

転職希望者がほとんど口にする定番文例など

転職理由をすべて上げると転職者の数だけあります

転職理由が重要な理由は

採用担当者が、どう受け止めるかか?という点にあります

(この転職理由はわが社にもソックリ当てはまりそうだ!)

いくら美辞麗句やロジックを並べても面接担当者がこのように感じたら間違いなくアウトです

転職メリットが感じられるロジックは最低限必要なのです

少なくとも当社の業績に貢献する可能性が大きいと

思わなければ採用はありえないはずです

これじゃ当社でも同じだから

すぐ辞めるだろう!

なんて思われないように

シッカリとした退職理由を準備することが大切で

転職 失敗の原因は受からない履歴書?

履歴書は書類選考の審査対象です

学歴や職歴と応募動機などの項目をマナーに即して記載する必要があります

面接の前段階で履歴書選考がすでに行われていることになります

マナーや礼儀を押さえ

スッキリと綺麗に書く必要があります

会社から指示のない限り

履歴書は手書きが基本です

転職 失敗の原因は面接?

転職は面接で決まる!

採用決定権を持つ役員が必ず面接メンバーに存在します

採用決定権の採用拒否評価によって不採用になるのは当然でしょう

だからしっかり面接の準備をする必要があるのです

誰もが不安な面接をどう乗り切るか?

面接の準備から成功の秘訣を見りこんだ対策!

例えば給与や残業だけでなく福利厚生も年収に大きく響いてくる項目です

聞けなかったことは面接で補完する必要もあります

何が何でも面接者が採用決定権者だから立場が上だと決めつけた姿勢では主体性のない人格の薄っぺらさだけが目立つことにもなりかねません

すべての面接で内定を獲得できることはないのですから

不安のある項目はすべて聞いておくことが現実的な発想なのです

立った一言の質問不足が再退職の主原因になることは十分ありうることなのです

面接で企業側があなたに対する不安をなくすための質問をしてくるように

こちら側も将来の不安や退職の火種になりかねない重要な不安は打ち消しておくべきです。

応募者の聞きづらい項目の大半は労務環境のことです

労務環境について突っ込まれて内定が得られない、内定取り消しする会社なら当該会社に問題があるだけのことです。早急に内定辞退すべき会社だと判明するだけです

失敗しない面接の心得をマスターしましょう

転職 内定からが本当のスタート

晴れて内定通知をもらったら・・・

円満退社の為にするべきこと

転職 失敗は初出勤から始まります

転職 失敗で退社する?

人間関係とよく言われますが・・・

転職 失敗の大きな要因は

企業風土や社内文化とのかい離ですね

転職先の会社に馴染めない原因は

教育体制の欠如にもあります

今までの職種や会社とは

全く異なる企業文化や社内文化の壁が

以外にも大きく立ちはだかります

いくら人間関係が良好な企業でも、その文化に溶け込めないタイプに人は必ず存在します

現実に仕事をした初めて体感できる企業風土は予想以上に多いと言えます

役立つ実務スキルを早く習得すべきですが・・・

習得機会の少ない現状でとスキルギャップをどう克服すべきか?

大企業に近づくほどに目立つ企業風土や独自の社内文化!

求職希望企業に存在する独自文化の習得機会が鍵になります・・・

過去に転職した事例が多いほど解決の秘訣が分かり易いことになります

転職への思いの根源は今の仕事に対する将来性?

今の仕事て満足ですか?

大半の会社員は転職したいと感じている事実がありますね・・・

でも思い切って転職するか?

現状を打破してもうひと踏ん張りするか?

色んな選択肢もあることも現実です

ココでの問題は人に相談しにくいこと!

本社勤務なら競争も多く相談相手は皆無・・・

だからリクルートエージェントが選ばれるのでしょうね!

およそ30万人もの転職希者に選ばれた3つの理由が公開されています

1.転職成功実績ナンバーワン

2.頼れる専任アドバイザー

3.非公開求人約10万人

転職成功者に圧倒的支持されてきたエージェントだけあって

企業情報~求人情報まで圧倒的なBIGデータがあります

転職のすべての糸口を早く見つけて

諸先輩のように一日でも早く歩んでください!

転職 失敗
転職成功するつもりが転職 失敗してしまった例は多いですが・・・

その時、誰もが転職失敗 辞めたいと思い

転職 失敗の後悔を知るが後の祭り

転職 失敗 出戻りなんて思いもよらなかったことですが・・・

そのうち転職 失敗 うつ状態から晴れない気持ちが続くと

転職失敗 無職ということにもなりかねません

転職 失敗は人生奈落の底に陥る可能性が高いのです

転職 不安

転職の不安が潜在的にあれば、気持ちはあっても転職不安が脳裏をよぎり

具体的に踏み出せない転職活動

仮に大手企業への転職に見事成功しても、次に襲ってくるのが転職 不安の発生です。

大企業に近いほどそれなりの企業風土や社内文化も固定化しており、

仕事への習熟に焦りが出ると同時に過去に身に着けていたはずのスキルが役立たない苛立ち!

転職不安の第一番目は人間関係構築のむつかしさ

現実にこなしていない新会社での実績の欠如が漠然とした転職 不安感が襲ってっきます

すでに出来上がって固執されている企業風土や雰囲気に馴染めないことから

パワハラやいじめの受動態としての転職不安が消えない

転職 後悔

転職失敗談を見ると転職 後悔のコメントが数多くあります

少しのトラブルで転職後悔するタイプが多いことも事実です

定番の言葉でいうと、こんなことなら転職しなければよかったと、転職 後悔することです

転職後悔後に立たず

飛び立つ鳥は後を濁さず転職 後悔もしない決意が重要なのです

簡単に尻を割る習慣は避けましょう

遠くの芝生がよく見えるように、前の会社がよく見えてきたなんて洒落にもなりません!

面接 時間

転職活動でネックになるのが面接 時間をどう取るか?

うまく公休が合えばいいのですが・・・指定されたや日程を変更するのはタブーでしょう

最初から変更のない計画的な面接 時間を設定する方法を検討すべきです

の設定に関しては転職エージェントなどの

キャリアコンサルに交渉を委託して変更することのない日程調整つが望まれます

面接 時間を変更するマイナスポイントは予想以上に大きいものです

面接のキャンセルは転職失敗以前の問題なのです

採用担当者から?評価を面談前に頂戴するだけでなく

エージェントと採用企業との関係からしても最悪なのです

せっかく開拓した採用企業が?評価エージェントになる恐れもあるからです

あなたに優良企業を紹介してくれる機会を放棄することにもなりかねません

転職 内定 辞退

やっと決まった内定通知、それでも内定承諾前なら転職 内定 辞退もありうることです

むしろ勤務体系や待遇・給与規定に不安が発覚すれば、

早急に転職内定 辞退するケースも発生します

あなたが入社できるのは1社!

複数の内定通知、第二志望企業から先に内定を受領すれば転職 内定辞退を如何に保留すべきか?

転職活動での内定辞退は可能です

それも優勝な転職者ほど転職内定辞退は同時発生しています

転職 内定 辞退は当然速やかに連絡すべきですが

会社連絡するマナーも守らなければなりません

一番の問題は狙った企業からの内定採否の通知が

まだ来ない時点での他社からの内定通知の連絡・・・

普通は2~3日、1~2週間が保留可能な最大期限

採用側企業も時間と費用をかけていることを考えないとトラブルになるかもしれません

1週間以上だと内定取り消し通知が来る可能性があります

間違っても本命からの採用通知を待っています!は絶対ダメ!

身内に相談していますとか・・・きれいに流しましょう

もし内定受諾後の内定辞退ならできるだけ早く電話で連絡しましょう

内定辞退への早急なお詫びを、

誠に申し訳ございませんが内定辞退させていただきますと、

自分で考え検討の結果だけをス㏍リ伝えることです。

また、転職関連のエージェントやキャリアコンサル依頼のケースでは、

敏速な連絡と内定辞退理由の詳細をハッキリ丁寧に伝えましょう!

自分での交渉やエージェント利用のいずれの場合も誠意をもって対応することが大切なのです

転職 失敗談

転職失敗とか転職成功の事例を見る前に、自己分析

つまり自己棚卸が先決!

転職失敗とは、

こんな仕事だったのか?

よく考えればよかった!

結果的に見れば大半の転職失敗

自己分析不足が原因!

新卒の場合なら社会との適合性を見るためにも自己分析が必要です

転職なら今までの生きざまをしっかり棚卸することからスタートです

転職 成功事例はどうなのかっていうと、
たまたま運がよかったケースが90%、
あとは事前準備の勝利でしょう

転職失敗 どうすると考える前に自分をしっかり棚卸して
進むべき方向性を見つけ出すことが転職の要となるのです

たまたま目についた求人広告で

フラーっと転職しても、転職成功は望めません

労働条件、残業が多すぎる、ワンマン社長の存在・・・

およその転職失敗理由は事前に阻止できる事柄なのです

何事も事前準備が必要なのです

労働条件通知すら目を通さないで内定承諾を経て入社勤務後に、

こんなはずではなかったとは、

あまりにもお粗末なのです

転職失敗 知恵袋にあった典型的な解答例↓

中高年の転職失敗者ってゴロゴロいるよ!
あたまで就職ないのわからないのかな?

医師でも転職失敗するのはなぜ?

転職に失敗する人はあらゆる職種業態にいます

転職理由は同じような傾向なのです

労務環境や収入と人間関係は外せない要素です

収入や人間関係などが並びます

キャリアアップやと開業・勤務地の希望などもあります

医師でも転職失敗は再就職にマイナスになります

医局からの転職は病院経営数値まで調べたり、と

情報収取の重要性は想定以上です

常勤・非常勤アルバイト医師転職全てにおいて

複数エージェントを利用活用するのが賢明です

それでも転職決定までに就業条件や収入・

労働条件の家族合意など

十分に確認しておく必要があります

今すぐ転職しなくても登録だけすれば

必要な情報を常時入手できるので余裕をもって転活しましょう

転職エージェント地域

【北海道・東北】 北海道/青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島/

【関東】 茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/

【中部】 新潟/富山/石川/福井/山梨/長野/岐阜/静岡/愛知/

【近畿】 三重/滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山/

【中国・四国】 鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知/

【九州・沖縄】 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄/

【海外】 海外

転職の職種や業界、スキル・資格・経験など

リクルートエージェント転職の職種

営業・販売・セールス(企画営業・海外営業・代理店営業・MR・カスタマーサービスなど)

経営・企画・マーケティング

管理・事務(財務・法務・人事など)

物流・購買・貿易・店舗開発

コンサルタント

金融専門職

不動産専門職・プロパティマネジメント

クリエイティブ(Web・デザイナー・アパレル・編集など)

システムエンジニア(SE)・ITエンジニア

エンジニア(設計・生産技術・品質管理・研究職)

建築・土木・設備

医療・医薬・化粧品

その他(講師・通訳・調理師・介護・エステなど)

リクルートエージェント転職の業界
IT・通信業界

Web・インターネット業界

機械・電気・電子業界

化学業界(素材・化成品)

総合商社・専門商社

物流・運輸業界

流通・飲食・消費財・店舗サービス業界

旅行・スポーツ・エンターテイメント業界

マスコミ・広告業界

人材・教育・アウトソーシング業界

コンサルティング業界・監査法人・シンクタンク

金融・保険業界

建設・住宅・不動産業界

医療・医薬・バイオ・福祉業界

公共インフラ・官公庁・各種団体・その他

リクルートエージェント転職のスキル・資格・経験から

公認会計士

中小企業診断士

簿記

臨床検査技師

中国語

Java

Linux

電気工事士

SEO

特許

リクルートエージェント転職求人
スキルや資格と経験から検索できる求人情報の一部です

詳細はリクルートエージェント転職支援サービス登録後

専任キャリアアドバイザーに問合せ下さい

公開求人30,831件:非公開求人 139,521件(2017年5月)

リクナビNEXTとの違い

リクルートエージェントは
多くが非公開求人で業界最大級約10万件

キャリアアドバイザーとの面談後

履歴書など応募書類や面談対策など支援を受け、

求人紹介~転職支援サポートが始まります

専門家による応募書類の添削や

面接日程だけでなく企業との条件交渉など

転職活動の高い効率性と条件交渉の依頼など

求職者にとってのメリットが魅力です

リクナビNEXTは、
求人件数約6000件

ネットで経歴など登録すれば

便利で役立つ転職支援コンテンツや充実した機能利用が可能で

どの求人にも応募可能です

登録経歴から提携転職エージェントからオファーもあります

転職失敗しない転職エージェント登録おすすめ10個の秘訣とは?

転職失敗しない転職成功10個の秘訣ノウハウ公開中!

転職失敗の理由と転職成功10個の方法コツとは?

転職エージェント評判転職失敗しないノウハウ公開中!

転職エージェントの特徴を知り

効率のいい利用方法で

担当キャリアアドバイザー

良好な関係を築くこと

医師転職エージェント

医師の転職ならリクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

27歳 転職

転職 年齢

27歳 転職 27歳で転職を考えている人は多い 入社時は言われた仕事をするだけで精一杯! 落ち着いて会社全体を・・・

転職 年齢

転職 年齢

転職 年齢はいくつまでとはわかりにくいのが現状です 法的に転職 年齢 制限は、均等な機会を与えなければならない・・・

ページの先頭へ